FC2ブログ
学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
2006年04月15日 (土) | 編集 |
 きょうから大学での講義が始まりました。
今年から2講座持つことになり、9時から12時10分までになりました。
春学期は、数学科教育法と数学教育演習1です。
いずれも3年生で、来年の教育実習のための準備です。

 数学科教育法は私の方で授業の取り組み方や方法・教具や実験の取り入れ方等についてやろうと思っています。
数学教育演習1は秋学期に模擬授業をするのでその準備を中心に、授業案作り、教具作り、そして最後に模擬授業をしてもらおうと考えています。
何人かグループを作って複数で検討し交替で模擬授業をしてもいいことにしました。

 最初に昨年同様に分数のたし算とかけ算をやってもらい、何故計算方法が違うのか。
「何故たし算もかけ算のように分母同士、分子同士たしてはいけないのか」について考えてもらいました。
始めみんなあっけにとられた感じでしたが、グループで意見交換をしてもいいと言ったら、ほぼポイントを押さえた結論が出せたようでした。
今までで一番よく答えに到達したようです。
この調子なら今年の学生は問題なくやっていけそうです。

 出だし好調!!
スポンサーサイト



テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育