FC2ブログ
学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
2006年05月13日 (土) | 編集 |
 今日の大学での講義は3つの教具を持って行きました。
最初の内容は、文字の扱いをやりました。
実際にチェルシーとミルクキャラメルの重さを当てるという設定でやりました。
東邦大学
中1の文字の始めでもいいし、一次方程式でもいいし、もちろん中2の連立方程式で扱ってもいいと思います。
つぎは、正負の数の乗除のときや比例さらに1次関数の時にも使えるドラえもんのタイムマシーン「お散歩ドラちゃん」です。
東邦大学
モーターで時計とドラえもんが動くようになっています。
東方向をプラスとします。
ドラえもんが西方向に時速4kmで進んでいます。
1時間前はどこにいたか?
東に4kmです。
これを符号も考えて式をたてると
(?4)km/時×(?1)時間=(+4)km
つまり(マイナス)×(マイナス)=(プラス)
が理解できるわけです。
最後はマイナス倍を目で見ることができる教具の紹介をしました。

 今日も教具を使い指導することの大切さをアピールできました。
スポンサーサイト



テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育