FC2ブログ
学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
2007年02月12日 (月) | 編集 |
 きょうも昨日の続きで「第2回ニート・社会的ひきこもり支援者全国実践交流集会」に参加しました。
午前中はワーカー養成セミナーでした。
私は「教育相談活動のポイント」に参加しました。
講師は立命館大学の高垣忠一郎さんでした。
教育相談の基本について丁寧にお話してくださいました。
   若者支援4
相談とカウンセリングの違い、カウンセリングのポイントについて詳しくお話してくださいました。
再度見直すことが出来とても有意義なセミナーでした。

午後は「終わりの集い」が行われました。
前半は地域レポート「専修学校と若者自立塾と公共職業安定所の連帯によるニートに対する職業教育支援事業」というタイトルで武蔵野東学園の渡辺正司さんでした。
   若者支援5
3者が協力しての実践と言うことで大変意義のあることだと思いました。
最後は「集会を通じて見えてきたこと、これからの課題」ということで、各分科会で話されたことを発表しました。

 私は2日間参加しましたが、大変意義のある集会で満足しました。
スポンサーサイト



テーマ:フリースペース
ジャンル:学校・教育