FC2ブログ
学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
2007年03月31日 (土) | 編集 |
 きょうはKちゃんのお母さんが相談に見えました。

 地元の中学に行くつもりで提出したのですが、相談にのってくれていた校長先生が転勤してしまうとのことで、中学には在籍はするが行かず、そのかわりコスモに行くつもりにしているとのことでした。
私は、教育委員会との協同プロジェクトに参加し、そこで実施する事業としてコスモで指導するようになりそうなので、そのように話をしました。

 こんな話をしました。
スポンサーサイト



テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
2007年03月31日 (土) | 編集 |
 きょうは第20回高円寺教育懇談会の日です。
いつものメンバーの1人は、まだ体調が戻っていなくてお休みでした。
もう1人の方は参加予定でしたが、仕事が終わらず間に合いませんでした。
3人目はお子さんが旅行から帰ってくるので残念ながらお休みでした。

 というわけで参加者ゼロかと思いましたが、4月からフリースペースやすらぎの森に来る予定のお母さんが参加してくれました。したがって、3名で行いました。
したがって、教育懇談会というより、教育相談のようになりました。

 お子さんが生まれてから父親が大きな病気をして手術をし転職したことや、母親の現在の仕事の問題もお聞きしました。大変だった様子がうかがえました。
 お子さんが不登校になったとき、親が「どうして自分の苦しい気持ちを分かってくれないんだろう。だから自分の居場所がなかった」と思っていたとのことでしたが、3ヶ月後にそれに気がつき、無理に学校へ行かせなくなったとのことでした。どの親も子供は学校に行くのは当たり前で、行かないなんてことは考えられないです。ですから3ヶ月で分かったというのはむしろ早かったと思いました。
最近はしっかり自分の意見も言え、子供は親離れしょうとしているのかもしれないが、まだ子離れできそうにないとのことでした。また、家での仕事として洗い物をしてくれるとのことでした。そてもいいことですね。

 こんなことを話しました。
テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育