FC2ブログ
学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年02月28日 (木) | 編集 |
 きょうは数楽教室の日でした。

 4人全員やってきました。

 Rくんは、きょうも前回の続きで、たし算ひき算をテープ図で解く問題をやりました。
まったく問題ありませんでした。今回も息子が面倒を見てくれました。

 Mちゃんは、重さの続きをやりました。
重さはたし算やひき算ができること、さらにグラムについてやりました。キログラムとの換算についてやり、重さはこれで終わりです。

 EちゃんとKちゃんは、始め円周についての練習問題をやりました。
その後割合の続きをしました。パーセントはすぐに小数に直せましたが、割は少しわかりづらいようでした。いずれも、かけ算わり算がよく分かっていないようなので、かけわり図をきちんと指導しようと強く思いました。

 今回も楽しみながら学習しました。
スポンサーサイト
テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
2008年02月28日 (木) | 編集 |
 きょうは高南中学の補習指導に日でした。

 メンバーの2人の他、特別参加の1名を加え3名で行いました。

 きょうのテーマは「箱の代数」です。
   高南中0802281
 チェルシーとミルクキャラメルの重さを求めることをやりました。
チェルシー3箱とミルクキャラメル1箱の合計の重さを量りました。237グラムでした。
これでは求められないことはすぐに答えました。
「どうしたら求められる」と聞いたら、特別参加の子が、片一方がわかれば求められると言いました。その通りだね。つまり1種類だけになれば求められることを確認しました。
さらにチェルシー1箱とミルクキャラメル1箱の合計の重さを量りました。123グラムでした。そうしたらすぐに解き方が分かりました。
 チェルシー2箱で114グラム。だからチェルシー1箱57グラム
 だからミルクキャラメル1箱66グラム
という考えで求められることが、全員分かりました。

 そこで、重さが書いてあるカードが箱の中に入っていると考えられることから、箱の中のカードに書かれている数を当てることをやりました。これも問題なく全員できました。
   高南中0802282
 封筒にチェルシーとミルクキャラメルのコピーを貼ったものを用意しました。また、中に入れるカードは、ホワイトボードシートにしました。そうすれば書いたり消したりして何回も使えるので大変便利だからです。なかなかうまくいきました。

 最後に自分で中に入れる数を決め、箱の数も自分で決めて、問題を作ってもらいました。交換して問題を解きました。

 今回はミルクキャラメルの数が同じ場合をやったので、こちらも違う場合を次回やると予告をしたら、特別参加の子がどうしても知りたいと終わってからも頑張っていました。残念ながら私がすぐに帰らなくてはならず、途中まででした。
テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
2008年02月26日 (火) | 編集 |
 きょうはコスモでの出張指導の日です。

 2名がお休みで4名を指導しました。
   コスモ0802261

 Tちゃんは、本日から4けたの数に入りました。
4けたのたし算で繰り上がりのないものから繰り上がり1回・2回・3回ある問題作りをしました。問題ありませんでした。4けたのひき算に入ったところまでやりました。

 Aちゃんは、きょうから重さにつてやりました。
てんびんで重さの違いを調べるところから始め、共通の重さとして1リットルの水の重さを1kgとして決めたことを離しました。ペットボトルに水を入れて、1kgから5kgまでバネばかりではかり印をつけ、その間隔が変わらないことを確認しました。本人の希望で分数を教えて欲しいとのことですので、次回からやることにしました。

 Kちゃんは、立方体・直方体の頂点の数・辺の数・面の数それぞれの種類を調べました。
四角形の辺の数や頂点の数から辺の数や頂点の数が求められることをやりました。きちんと理解できました。直線と直線の垂直や平行・ねじれの位置、直線と平面の垂直と平行、平面と平面の垂直と平行についてやりました。図形は問題ありません。これで終了し次回は体積です。

 HMaくんはお休みでした。

 HMiくんは、前回作ったさおばかりの支点からの長さを測りました。
つぎにシャーペンを2度ノックを1回とし、その長さを測り表とグラフにしました。比例することを確認し、1回何mmずつ芯が出るかを調べました。1mmか2mmとなっていました。ということで、1mmと2mmの間であることがわかりました。では、小数第1位まで出したいがどうしたらいいかと尋ねたら、全部たしてわり算をする、つまり平均するとの考えがでてきました。20回の合計は20回までの芯の長さになっていることを確認し、わり算をして1回の芯の出る長さを求めました。これが1当たり量で、これを比例定数ということを指導しました。式化しました。そこで、前回のさおばかりの式化(一次関数)をやりました。すぐにできました。次回は反比例です。

 Kくんはお休みでした。

 実験はとても大切です。特に関数は実験をすることにより、何をしているのかがはっきりしてきます。今回もうまくいきました。
テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
2008年02月21日 (木) | 編集 |
 きょうは数楽教室の日です。

 いつもの4人の他、1人5年生の見学者が参加してくれました。

 Rくんは、きょうは、タングラムを作り、様々な形を作ってもらいました。あっという間にできてしまいました。さらに、たし算ひき算のテープ図についてやりました。こちらももんだいありませんでした。

 Mちゃんは、きょうから重さについてやりました。
天秤で色々な重さを比べました。重さについての5つの法則を実際に比べてみて確認しました。たくさんを比較するのに、1リットルの水の重さを1kgということで、バネばかりで1kgから5kgまでつるし、印をつけました。実際のメモリと一致することを確認しました。

 EちゃんとKちゃんと見学者の3人は、割合の文章題をやりました。
やはりかけわり図をしっかりやる必要があるようです。春休みにやることにします。歩合と小数、%と小数の関係をやりました。このへんは問題ありませんでした。

 今回も息子が手伝ってくれました。今回は人数も多かったのでとても助かりました。みんな順調に進んでいます。
テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
2008年02月21日 (木) | 編集 |
 きょうは高南中での補習の日です。

 残念ながら1名しか来てくれませんでした。
空間図形について指導しました。
四角柱の体積から三角柱の体積、つまり角柱の体積と角錐の体積について簡単にやりました。
つぎに回転体を教具を使ってやりました。つい最近やったのでよく分かっていました。
つぎにプレイドロンキューブを使って多面体を作りました。
まず、正三角形で正多面体を頂点に3つ、4つ、5つ集まる三種類を作りました。6つはできないこともすぐに分かって答えてくれました。つぎに正方形、正五角形でも作ってもらいました。こちらは3つの場合しかないことや、正六角形以上はできないことを見つけてくれました。
最後にサッカーボールを作って終わりました。

 とても楽しそうに頑張ってやっていました。
テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
2008年02月19日 (火) | 編集 |
 きょうはコスモでの出張指導に日でした。

 今回は6名全員指導しました。
   コスモ0802171

 Tちゃんは、本日もたし算・ひき算をテープ図で解く問題をやりました。
特に問題なくきちんとできました。今回で終わりました。
以前から取り組んでいるパズルですが、とうとう1人でできました。とても喜んでいました。みんなも思わず拍手しました。最後まで頑張ってやるところはすごいです。

 Aちゃんは、四角形の続きをやりました。
長方形と正方形を工作用紙で作ってもらいました。その後、多位数の計算に入りました。このへんは問題ありません。

 Kちゃんは、始め簡単に比例の復習をしました。
その後直方体と立方体についてやりました。立方体を工作用紙で作り、見取り図と展開図を書いてもらいました。展開図は書いてからプレイドロンキューブで確認しました。さらに直方体を作ってもらいました。こちらもきちんと展開図を書いて作っていました。図形は問題ないようです。やはり絵を書いているからかもしれません。

 HMaくんは、分数のひき算をやりました。
繰り下がりのあるものについてもやりました。何とかできました。

 HMiくんは、てんびん秤の問題をやりました。
1円玉2個と5個のとき、ぶら下げるところから重りまでの長さを与えて10個ぶら下げたときの長さを求める問題をやりました。増え方が同じであることを確認してぶら下げる所から支点までの長さを出し、求めることをやりました。その後実際に作りました。

 Kくんは、きょうからピタゴラスの定理を始めました。
まず、エジプトひもを使って正方形・長方形・正三角形・二等辺三角形・平行四辺形・ひし形を作る方法をやりました。そのとき3・4・5の三角形を作ると直角ができることをやりました。1:1:ルート2、1:2:ルート5、3:4:5の三角形の一辺とする正方形の面積を求め、ピタゴラスの定理を確認しました。つぎに文字式で成り立つことを確認しました。ここで、面積aの一辺の長さをルートaと定義しました。最後にルート8と2ルート2が同じ事を面積図で確認しました。

 きょうはみんな頑張って熱心に取り組んでいました。
テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
2008年02月14日 (木) | 編集 |
 きょうは数楽教室の日でした。

 Mちゃんがまた風邪でお休みでした。
今回も息子が手伝ってくれました。

 Rくんは、座標を結んで絵を書くことをしました。
後半は多角形を書いて絵にしました。まったく問題ありませんでした。この頃少し声が出るようになりました。

 EちゃんとKちゃんは、割合をやりました。
長さの違う2本の棒が2組あったとき、どちらの方が長さが大きく感じるかについてやりました。1つの長さを同じにして比べました。つぎに3種類になったらどうしたらいいか考えてもらいました。全部同じ長さにすればいいということで、どんな長さにしたらいいかを聞いたら1cmにすればいいと言うことになりました。計算しました
 つぎに3種類のくじ引きがあり、どのくじが当たりやすいかを考えてもらいました。やはり1本あたりの量を求めればいいと言うことで計算して調べました。
 つぎに割合定規を作りました。これで、元にしたい長さを1に合わせて、それを元に測ると簡単に割合が求められるというものです。平ゴムにめもりをうったものです。これでいくつか本のたてとよこの割合を調べ、実際の長さを求めた割合と比較しました。ほとんど計算と割合定規で読みとったのと一致しました。すごい威力でした。
 最後に、いくつかの割合の文章題をやりました。よく分かりました。

 楽しく学んで帰りました。
テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
2008年02月14日 (木) | 編集 |
 きょうは高南中学での補習のお手伝いの日でした。

 参加者は2名でした。
まず、位取り記数法の話しをしました。
つぎに、2×3=6となる文章題を作ってもらいました。
その中でかけ算とたし算の違いを確認しました。
面積が出なかったのでこちらから出しました。
きょうの目的のインド式計算法の話しになりました。
23×27とか48×42のような問題です。
まずは筆算で計算してもらいました。
その後始めの数は子どもたちに出してもらい、かける数は私の方で出し、私は即座に答えが出せることを見せました。
1人の子は、すぐにみやぶり、1の位別な数にしてほしいと言ってきました。
「それはできないよ」ということで、どんなかけ算になっているかを言ってもらいました。
その結果、「1の位はたして10となること」「十の位は同じであること」が分かりました。
では、答えはどうやって出しているかを聞きました。
すぐに、「答えの下二ケタは一の位のかけ算、百の位より上の位は十の位の数とつぎの数をかけたものである」と答えてくれました。
このあと、面積図を使って、工作用紙を切ってそうなることを確かめました。

 1人の子はとても積極的ですし、よく分かっていました。もう1人の子は始め筆算もやり方を忘れていました。教えたらできるようになりました。
この子の指導をどうするか少し考えなくてはと思いました。
テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
2008年02月13日 (水) | 編集 |
 不登校だったDくんみごと大学に合格しました。

 このDくんですが、2年半前の2005年9月より不登校になり、2006年の1月から「フリースペースやすらぎの森」に来ています。
 2007年8月末に高校程度認定試験に合格しました。

 2007年9月からセンター試験に向けて受験勉強を始めました。たった4ヶ月の受験勉強でしたが、何とかセンター試験も受験者の平均点位取ることができました。

 まず、産業能率大学・埼玉工業大学・明星大学の3校合格しました。
そして、本日発表の本命の日本大学にもみごと合格することができました。
 すっかり自信を失っていたDくんでしたが、2年間でみごとに克服し、持っている力を最大限に発揮できました。人間ってやる気になるとすごい力を発揮することができるんですね。 本当によく頑張ったと思います。お陰で最高の結果になりました。

 Dくん本当におめでとう。ばんざい!!
テーマ:フリースペース
ジャンル:学校・教育
2008年02月12日 (火) | 編集 |
 きょうはコスモへの出張指導の日でした。

 きょうから1人増えて6人になりました。

 Tちゃんは、本日もたし算・ひき算をテープ図で解く問題をやりました。
特に問題なくきちんとできました。その後以前渡したパズルをやり1問できました。とても喜んでいました。

 Aちゃんは、今回から図形に入りました。
まず、直線とは何か。頂点・辺・角の話しをして、四角形を色々書いてもらいました。とても感動していました。

 HMaくんは、分数の意味、倍分について復習しました。よくできていました。

 KMちゃんとHMiくんときょうから始めるKHくんの3人で、比例の実験をしました。
   コスモ0802121 コスモ0802122
 始めに、箱の中に入っている釘の蓋には約400本と書いてあります。そこで数えないで本数を調べたい。使えるのは秤です。どうやったらいいでしょうか?ということで考えてもらいました。みんな1本の重さを量り、つぎに全体の重さを量ってわり算して求めるというものでした。1本は1.1グラムで、全体は501グラムでした。455本と言うことになりました。少し多くないですか?もう少し正確にするにはどうしたらいいかを聞きました。そしたら10本の重さを量ればいいとの意見が出ました。そこで測ったら11.3グラムでしたので、1本1.13グラムということで計算したら443本となりました。その後3人で手分けして実際の釘の本数を数えました。その結果437本ということで、6本差ということでかなり正確に出せました。
 つぎに、動くおもちゃを使って時間と距離の関係を調べました。始めに調べた自動車はスピードが速かったので、なかなかうまく距離が測れませんでした。その後SLのプラレールで最大5秒までの距離を何回か測り13秒後の距離を予想する実験をしました。なかなかうまくいきませんでしたが、最後1秒間に30cm進むと言うことで390cm進むと言うことの予想になりました。実験の結果ほぼ390cmとなり大成功でした。失敗もありましたが、とても楽しかったとのことでした。

 今回もみんな楽しく学んでいました。
テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
2008年02月11日 (月) | 編集 |
 昨日に続いて「春の全国研究集会」が行われるので出かけました。

 きょうは全体会でつぎの内容の提案や実践報告が行われ、それにしたがって討論が行われました。
1新指導要領について、とりあえず
2小学校算数の内容について
3中学校数学の内湯について
4わくわく親子算数教室の取り組みについて
5札幌での「市民講座数学」の試み
6研究局報告

 大変活発な意見が出されました。特に新指導要領を単に批判するのではなく、積極的に取り込んで行く必要があると言うこと。若い人からぜひベテランの先生方の財産を伝えて行くことが必要です。だから各先生が若い先生を1人連れてくれば、2倍になりたくさん集まってくるのでお願いしますということ。それに対して、5年後を目指し、会員数2倍、数学教室発行部数を2倍にする取り組みをしていこう、とのことでした。
テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
2008年02月11日 (月) | 編集 |
 不登校で居場所として来ていましたDくんですが、現在まで3つの大学の合格発表がありました。
いずれも合格という最高の結果でした。このあと2つの大学の発表があります。こちらはかなり厳しい状況のようですが、行きたい大学が合格になっているので、喜んでいます。

 2年前に高校中退し、半年前に高認試験合格、センター試験受験してきました。本当に1人でよく頑張ったと思っています。
人間のの持っている能力は、すごいなって本当に思いました。
テーマ:フリースペース
ジャンル:学校・教育
2008年02月10日 (日) | 編集 |
 きょうは春の全国研究集会が、明星学園小学校で行われました。

 10時から10時45分までは公開授業が小学2年・小学4年・小学56年・中学・高校の5つが行われました。
私は、小学5・6年の比例の授業を見ました。
始め、連通菅水そうを使って「比例」の関係を考えました。
 春の研究集会0802101 春の研究集会0802102 春の研究集会0802103
「伴って変わる2つの量」について考えました。
動くおもちゃを使って「比例するもの」と「比例しないもの」について考えました。

 最後に、動くおもちゃを使って「17秒後予想ゲーム」をしました。
4つのグループに分かれて、1秒から5秒までの時間を使って何m進かを実験し、それから17秒経ったら何m進かを予想するものです。
「5秒間を何回か測って1秒間動く距離を出して17倍した班」。「1秒で何m動くかを何回か測って17倍した班」「1mで何秒動くかを測ったり色々やって出した班」がありました。結局5秒で何m進かを調べ、その間の1秒ごとに同じ距離進んでいることを何回も実験し確かめて出した班が、実際に動かして測った距離に一番近かったでした。

 予定よりかなり時間をオーバーしましたが、子どもたちは楽しく受けられました。

 残り30分位しか時間がありませんでしたが、授業についての話し合いをしました。
その中で一番問題になったのは、「始めにやった連通菅水そうの液量と液量の関係から時間と距離の関係にはかなり飛躍があるのではないか」との指摘でした。
 私は、やはりたった1時間の授業でしかも初めて会う子どもたちにするのですから、1つにしぼってやる必要があったと思いました。また、始めから17秒ゲームをやり、その求め方で充分な話し合いをさせたほうが、よかったように思いました。
 でも、とても参考になりました。

 午後は、13時から15時30分まで、公開シンポジウム「本当の学力を伸ばすには??」と言うことで4人のパネラーのお話しがありました。
   春の研究集会0802104
 コーディネータ役の野崎 昭弘さん、国立情報研究所教授の新井 紀子さん、中学の大谷 公人さん、小学校の市川 良さんの4人のお話しでした。
   春の研究集会0802105 春の研究集会0802106
   春の研究集会0802107 春の研究集会0802108

小学校・中学校の二人の先生には現場でのお話しをしてもらいました。新井さんは、「論理的思考」ということで、「論理的に読み解く力」「論理的に表現する力」についての大変いいお話しでした。数教協ではあまり話題にならなかったことなので、とても新鮮でした。

 今回もいい話で、とても勉強になり、しかも楽しかったでした。
テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
2008年02月08日 (金) | 編集 |
 きょうも高南中学へ行きました。

 養護の先生と、昨日の補習についてどうだったか話しをしました。
参加した3人について私の印象を話し、逆に養護の先生からの話も聞きました。
さらに、来なかった3名に子どもの家庭状況や学校での様子についてお聞きしました。
結局、当面私のスタイルでやらせてもらうことにしました。
つまり、「特効薬はないので、長い目で見ていきたい」と言うことです。
 頑張ります。
テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
2008年02月08日 (金) | 編集 |
 大学受験をしたDくんですが、いよいよ大学入試の発表となりました。

 本人から「合格しました」とのメールが来ました。
センター試験だけで受けた大学ですので狭き門ですがよく頑張りました。
これで取りあえず浪人しないですんだので一安心です。
明日も明後日もぞくぞくと発表があります。
この調子なら第1志望も合格できるかもしれません。

 本当によく頑張りました。おめでとう
テーマ:フリースペース
ジャンル:学校・教育
2008年02月07日 (木) | 編集 |
 きょうは「数楽教室」の日でした。

 Rくんはインフルエンザでお休みでした。

 Mちゃんは、多位数の計算の続きをやりました。
4位数以上のひき算をやりました。時間はかかりましたが、きちんとできました。

 KちゃんとEちゃんは、円の続きをやりました。
まず、しゃぼんの中に輪になった糸を浮かべ、熱した針を輪の中に刺すときれいな円になる実験をしました。
また、まち針2本を画用紙に刺して、楕円を書き、それを段々近づけていき、最後は1つにし円を書きました。
   数楽教室0802071
 最後は、紙ひもを中心から巻いていき半径5センチの円を作り、半径で切って広げて三角形にすることをやりました。底辺が円周の長さで高さは半径になることを確認しました。これで円は終わりです。
   数楽教室0802072 数楽教室0802073
「あっと言う間に終わった」と言っていました。

 Mちゃんは計算だったので、円の方が楽しそうでうらやましがっていました。
テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
2008年02月07日 (木) | 編集 |
 高南中学校で行われている「高南タイム」で補習授業が本日から始まりました。私もお手伝いすることになり、出かけました。

 私は中学1年生を担当しました。予定していた生徒は6名でしたが、来たのは3名でした。
思っていたように、「残されてやるのはいやだ」と言っている子がいました。
きょうやったのは、B4の紙を8等分の細長い短冊に切り、それをのりで輪につけてその中心をきるというものでした。始めメビウスの輪をやりました。一番やだやだと言っていた子が「長くなる」と言ってくれました。輪を2つ直角につなげて中心を切ったらどうなるといったら、最後に来た子が四角なるって言ってくれました。何かのクイズ番組で見たとのことでした。3つつけたら、4つつけたらどうなる、についても色々いい意見を言ってくれました。
滑り出しとしてはまあまだったと思います。
予定は15分と言われていましたが、結局30分1人でやりました。

 これから毎週木曜日指導に行くことにしました。
テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
2008年02月05日 (火) | 編集 |
 きょうは、明後日から始まる高南中学での補習授業の打ち合わせに行きました。

 学校長の他養護の先生が対応してくださいました。
どの様にやる予定なのかをまず聞きました。
人数は1年生が6名、2年生が8名、計14名と言うことでした。
時間は30分で、それをさらに半分に分けて15分で1教科をやり1回で2教科を学習させるとのことでした。
国語は漢字、英語は英単語、数学は百マス計算をまずさせるとのことでした。

 そこで、私からは「まず子どもたちが来て楽しいと思えるようにすること」「補習を受けてよかったと思えるようにすること」が大切だと考えていることを話しました。「それができれば長い時間やっても耐えられるようになること」を話しました。そして、その為に教材を準備していることを話しました。

 学校長の方から提案があり、1年生と2年生を分け、2年生は数学の先生が指導し、1年生を私が指導すると言うことになりました。
 うまくいけば、2年生にも指導すると言うことになりました。

 まだ、きちんとした方向が決まっていないということでしたので、学校の先生と打ち合わせをしながら、いい方向に進むように頑張るつもりです。
テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
2008年02月05日 (火) | 編集 |
 きょうはコスモの出張指導の日でした。

 1人休みでしたので、4人を指導しました。

 Tちゃんは、本日もたし算・ひき算をテープ図で解く問題をやりました。
特に問題なくきちんとできました。前回渡したパズルをやっていました。

 Aちゃんは、わり算の続きをやりました。
文章題をかけわりボードを使ってやりました。少し計算違いしたりしていましたが、問題ありませんでした。わり算の虫食い算をやりました。始め難しいと言っていましたが、すぐにコツを飲み込みできました。これでわり算は終わりです。次回から図形に入ります。

 Kちゃんは、比例の続きをやりました。
マラソンの野口選手の5キロごとの時間を与え、比例しているかについて調べました。横に見て、2倍3倍になっているかと、たてに見て商一定を調べました。本当によく比例していることが分かりました。さらにグラフを書きました。これも直線になっているのがわかりました。正方形の一辺の長さと重さが比例しているかを、実際に測って確認しました。

 HMaくんは休みでした。

 HMiくんは、きょうから、比例・反比例に入りました。
始めに働きを見つけることをしました。一次関数について簡単に見つけることができるようになりました。さらに、箱代を含むアメの値段を与え、120個の値段を考えさせる問題をやりました。もちろん箱代のことは教えていません。120個の値段はすぐに分かったのですが、1個の値段を聞いたらおかしくなりましたが、取りあえず1個の値段は分かりました。でもその理由が分かりませんでした。最後まで分からなかったのでこちらから箱代であることを言いました。

   コスモ0802051

 時々指導をしていたKくんがきちんと教えて欲しいと言ってきました。
と言うことで、来週から教えることになりました。
益々忙しくなりますね。
テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
2008年02月02日 (土) | 編集 |
 きょうは大学に行きました。

 先週指導をした二人の学生を含み、14人の学生が模擬授業の追試を行いました。
何人かキャンセルしたようで、休みました。
その中で、残念ながら数名の学生が不合格となってしまいました。

 成績の入力を終えましたので、今年度の大学はすべて終了しました。
また、4月から新しい年度が始まります。
週1日しか行っていないので、なかなか細かい指導がしきれないので、少し指導の方向を修正しようと考えているところです。
テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
2008年02月01日 (金) | 編集 |
 以前より考えていましたが、センター入試の指導が忙しくできませんでしたが、やっと落ち着いたので本日女房と一緒に訪問しました。

 始めに高南中学に行きました。始め副校長先生が対応してくれましたが、その後校長室に通され、ゆっくりお話しすることができました。
 私の意向をよく聞いてくださいました。そして、学校支援本部が1月22日に設立されたところで、毎週木曜日に国語・数学・英語の基礎学力をつける取り組みを始めると言うことで、さっそく2月7日(木)に私も参加することになりました。
 ということで、何とかお手伝いができそうです。

 つぎに杉十小学校に行きました。校長先生は不在でしたが、副校長先生が対応して下さいました。自己紹介をし、私のできることがあればお手伝いしたいということをお話ししました。すぐということではないが、考えてくださるということでした。

 最後に杉三小学校に行きました。校長先生が対応してくださいましたが、ちょうど忙しいところで、充分にお話しをできませんでした。取りあえず説明だけを簡単にさせてもらいました。

 取りあえず、特に近い小中学校にごあいさつができ、よかったです。
テーマ:フリースペース
ジャンル:学校・教育
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。