FC2ブログ
学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
2008年06月28日 (土) | 編集 |
 きょうは大学での講義の日でした。

 1時限目は、微分についてやりました。
始めに1辺が10cmの折り紙で蓋のないを作ってもらいました。深さを0.5cmから4.5cmまでの0.5cmの範囲で容積最大と考えたものを作ってもらいました。1.5cmから2.5cmのものが殆どでした。
そのあと、2つの坂道でどちらが急かはどうすればわかるかについてやり、単位当たり量が大切であることをやりました。それから速度平均速度の話をしました。
つぎに、1円玉をルーペで見たときと600倍の顕微鏡で見たときの違いを見てもらいました。ルーペで見たときは、単に大きく見えるだけですが、顕微鏡で見ると、ふちが直線に見えることをみてもらう予定でしたが、うまくパソコンがプロジェクターにつながらず、結局以前見たものを保存しておいたものを見てもらいました。
   東邦大学0806281
 曲線も一部分を見ると直線に見えることを確認してもらいました。
つぎに「セッセンサー」と言う教具で、2次関数の各点接線の傾きを読みとってもらいました。y=2axになることを接線の傾きから出しました。
 きょうはパソコンがうまくプロジェクターにつながらなかったですが、理解してくれたようです。

 2時限目は、昨日の高南中学での講座の反省会でした。まず、ビデオを見てもらいました。その後みんなから意見を出してもらいました。みんなきちんと見てくれてよかったです。授業者たち本当によく頑張ったと思いました。

スポンサーサイト



テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育