FC2ブログ
学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
2008年12月01日 (月) | 編集 |
 きょうは杉並区福祉事務所に行きました。
何故かと言うと、先日生活保護家族の中で不登校やひきこもりの子どもたちが増えていて、NPO団体の受け入れについて聞かれましたが、それについてやすらぎの森で対応できないかの検討をし、それに対する結果を伝える為でした。

 まず、その後の検討内容や方向性についての話しがありました。現在居場所についてはお金の問題もあり無理であるとのことでした。したがって塾手当の年間10万円でできる範囲の学習指導を来年1月から始められるように準備をしているとのことでした。
 でも、そこに行ける子はまだいいのですが、結局そこにも行けない不登校児に対する問題の方が切実です。ですから、今回はもともとボランティアでやっているので給料はないわけで、部屋代や教材費が出せればいいので、「やすらぎの森で受け入れることが出来る」ことを伝えました。
 大変よろこんでくださり、明日ちょうど会議があるので、報告してくれるとのことでした。

 何とか、来年から実現できるといいです。
スポンサーサイト



テーマ:フリースペース
ジャンル:学校・教育