FC2ブログ
学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
2010年05月13日 (木) | 編集 |
 きょうは大学での講義の日でした。

 人数が倍くらいになったので、準備が大変です。
 今回は関数の指導についてやりました。
3つの内容をやったので、かなり省略してやったので、理解できなかった点もあったかもしれません。

 1つ目は、関数指導の導入についてです。
自動販売機から入り、自作のブラックボックスで言葉遊びをしてさらに入力を数にしていくところでした。
ブラックボックスはやはりかなり受けていました。

 2つ目は、関数指導の教材についてです。
できるだけ身近なものや実際のデータを使うといいということで、今回は「震源地を探せ」と検眼のマークの「ランドルト環」についてやりました。

 3つ目は、二次関数の式の求め方です。
教科書では平行移動でやりますが、ここでは座標変換で求める考え方についてやりました。
平行移動だと3段階かかりますが、1回ですみます。
さらに一般形から標準形への式変形は平方完成ですが、二次関数の対称性を利用して簡単に軸の方程式を見つけう方法を紹介しました。
軸が分かれば頂点の座標は代入すれば求められます。
その代入も一般形に代入すると特に分数を代入すると大変ですし、計算間違えが多いですが、これも割と簡単で計算間違えも少ない方法を紹介しました。

 今回は少し急ぎすぎたかもしれません。
次回は文字式の扱い形です。
特に因数分解の指導についてです。
スポンサーサイト



テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育