FC2ブログ
学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
2010年10月05日 (火) | 編集 |
きょうは数楽教室の日でした。

 Rくんは、台形とたこ形四角形の面積の問題を復習しました。
二種類の4ピースタングラムをやりました。
1つめは正方形から正三角形にするもの。
二つ目は正方形から長方形や平行四辺形や直角三角形や台形にするものでした。
結構手こずっていました。
その後前回途中だったナンバーリンク上級編をやりました。
今回はうまくいました。
少し時間があったので、缶の周囲の長さを紐で測り、直径をノギスではかり円周は直径の何倍かを調べました。
3.18になりました。
少し誤差がありました。
次回もいくつか調べます。
スポンサーサイト



テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
2010年10月05日 (火) | 編集 |
きょうはコスモへの出張指導の日でした。

今回の参加者は3人でした。

 Mちゃんは、直接的には参加しませんでしたが、Toちゃんの立体づくりがやりたくて、Toちゃんが終わった後、正二十面体とねじれ十二面体を作りました。
   コスモ1010051

 Toちゃんは、準正多面体の最後に残ったねじれ十二面体をやりました。
この図形は1つの頂点に正三角形が4つと正五角形1つが集まっています。
その条件から正三角形と正五角形の枚数を求めるわけです。
とんがり度を計算すると360度?(60度×4+108度)=12度となります。
したがって頂点の数は720度÷12度=60です。
1つの頂点に集まる辺の数が5つですから5×60=300ですが、1つの辺は2つの頂点があるので二度数えていますので300÷2=150が辺の数になります。
オイラー数から面の数は150-60+2=92です。
正三角形と正五角形の比は4:1ですのでそれを利用してそれぞれの面の数が求められます。
結局正三角形が80枚、正五角形が12枚であることが分かり、ポリドロンキューブで作りました。
かなり球に近い形になりました。
   コスモ1010052

 このあと作図をしました。垂線の引き方、垂直二等分線の書き方、角の二等分線の書き方などをやりました。
最後に線分を三等分する作図に挑戦しましたが、さすがにこれは難しいので書き方を教えました。

 Kちゃんは、二次の係数が1の二次方程式の解き方の続きをやりました。
平方完成による解き方です。
1次の係数が偶数のから始めましたが,出来るようになりました。
つぎに1次の係数が奇数のものをやりました。
ます、一般的な解き方からやりましたが、分数が出てきて大変でした。
そこで分数を使わない方法をやりました。
二次と一次をつなげて長方形にしたものを4つ渡し、これで長方形を作る様にいいました。
そしたら真ん中に正方形の穴が空いた正方形を作ってくれました。
   コスモ1010053 コスモ1010054

 その穴にはいくつが入るかを考えてもらい、作った正方形の一辺の長さを調べてもらいました。
この作業ですぐに四倍すればいいことがわかり、式を四倍して平方完成した式を作ることができました。
これで解くと分数計算は使わずに最後でxの係数で割るだけですみます。
ということで無事解を求めることができました。
テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育