FC2ブログ
学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
2011年01月11日 (火) | 編集 |
きょうは数楽教室の日でした。

 Rくんは、割合についてやりました。

 まず、復習がてら割合ビンゴゲームをやりました。
これは4×4のマスに16種類の倍の数を書いておきます。
サイコロを3つ作り、それに書いた16種類倍の数で歩合と百分率を書きます。
サイコロは18面ありますので、2つは白紙にしておきます。
それでサイコロ3つを同時に転がし、出た目を倍に直し、該当する数に丸をつけます。
あとはビンゴゲームと同じで、たてよこななめがそろったらビンゴと行って勝ちとなるわけです。
これは大変盛り上がりました。
3回戦しましたが、すべて私が負けてしまいました。

 その後は練習問題をやりました。
大変スムーズにいきました。
スポンサーサイト



テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
2011年01月11日 (火) | 編集 |
きょうはコスモへの出張指導の日でした。

参加者はTちゃんとKちゃんの2名でした。
今回も二人一緒にやりました。

 今年初めてなので少しウォーミングアップということで、コピー紙を三角形に切ったものから折って重心と内心と外心を求めました。
 重心はその意味とその点で釣り合うことをやりました。
中線を2:1に内分する点であることも折って確かめました。
 内心はさらに折って各辺までの長さが同じになることを確かめました。
 外心は各頂点までの距離が同じであることも折って確かめました。
とても分かりやすかったと言っていました。

 その後は前回の続きで視力検査のランドルト環で反比例についてやりました。
見る場所を移動すると比例になりますが、距離を5mと固定した場合のランドルト環のサイズは反比例になります。

 つぎに一次関数についてやりました。
(初期値)+(一当たり量(比例定数))×xで式ができることが分かりました。
グラフも書きましたが、比例定数で書くと点のプロットが簡単に書けるのに感動していました。
テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育