FC2ブログ
学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
2012年01月31日 (火) | 編集 |
きょうは数楽教室の日でした。

 Rくんは、節分が近いのでまず折り紙で鬼作りをしました。
   数楽教室1201311

今回から分数の乗除について始めました。
まず分数×整数をやりました。
折り紙で分数を作って用紙に貼って調べました。
そのときの分母と分子がどうなっているかを調べました。
整数は分子にかければいいことが分かりました。
約分があるときはかけ算より約分を先にやった方がいいことに気がつきました。
帯分数×整数もやりました。
2通りの方法があるが仮分数にしてやる方がいいことをやりました。
つぎに分数÷整数についてやりました。
これも折り紙で分数を作って用紙に貼り調べました。
その結果、分母にかければいいことが分かりました。
このあとはいつものように「絵つくりパズル」をやりました。
スポンサーサイト



テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
2012年01月31日 (火) | 編集 |
きょうはコスモへの出張指導の日でした。
   コスモ1201311

 Mちゃんは、節分が近いので折り紙で鬼を作りました。
とても優しい表情の鬼を作ってくれました。
その後、スタッフに作り方を教えていました。
   コスモ1201312 コスモ1201313

 Tちゃんは、始め折り紙で鬼を作りました。
今回から因数分解に入りました。
ベキタイルを使ってパズルのように長方形にしてもらいました。
文字式の乗法でしっかりやっていたので、すぐに並べられました。
定数項がマイナスの場合はキャンセルタイルの追加が必要になりますが、これもすぐに気がついてくれました。
タイルを並べて解くことから始め、つぎに忍法田の字で解く方法(実際はタスキがけ法)まで問題なくできました。
自分で色々な場合を調べて納得していました。

 Kちゃんは、始め折り紙で鬼を作りました。
等比数列の和についてやりました。
まず公比2についてタイルを使って色々並べていました。
すぐに1つ少ないことに気がつきました。
つまり末項のつぎの項より1少ないことです。
つぎに公比3についてやりました。
こんどはうまくいきません。
そこで等差数列のときのように2組のタイルでやってみました。
今度も末項のつぎの項より1少ないことがわかりました。
公比4のときは3組のタイルでやはり末項のつぎの項より1少ないことはわかりました。
これで等比数列の和は末項の次の項から1を引いて、公比より1少ない数で割ればいいことがわかりました。
   コスモ1201314
テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育