FC2ブログ
学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年05月31日 (木) | 編集 |
きょうはやすらぎの森の活動日でした。

Sくんは、今回は一人で30分早く来ました。

いつものようにパズル「ナンバーリンク」を2題やりました。
その後前回の復習でユークリッドの互除法の考え方をやりました。
練習問題をやりました。
最後にスピログラフで様々なデザインを描いてもらいました。
歯車の組合せでできる花びらの数を数えてもらいました。
花びらの数は2つの歯車の組合せで決まることが分かりました。
次回はその秘密を探ります。

英語の勉強はしていないとのことでしたので、教えてもらう意志を確認しました。
学びたいとのことでしたので、元同僚に来てもらうことにしようと考えています。
スポンサーサイト
テーマ:不登校
ジャンル:学校・教育
2012年05月30日 (水) | 編集 |
きょうは大学での講義の日でした。

前回は研修旅行に行っていてお休みが多かったので、ベキタイルについて簡単に説明をしました。
また、第1回課題の「分数のわり算は何故ひっくりしてかければいいか」についての解説をしました。

本日のテーマは2次方程式の解の公式です。
まず、公式を導いてもらいました。
キャラメルの箱の中にある数字の書いたカードを入れておきました。
その数に2をたし、さらに二乗したら9になりました。
中に入っていた数はいくつかを考えてもらいました。
予想通り1と答えました。
しかし中には−5が入っていました。
と言うことで、正確には1か−5と答えなくてはいけませんでした。
二乗して9になる数は2つあり、3と−3であることを抑える事が大切であることを話しました。
その後は、ベキタイルを使って正方形に並べるのはどうすればいいかをやりました。
始めは二乗の係数が1で一次の係数が偶数のものから始めました。
つぎに一時の係数が奇数のものをやりました。
ここでは分数が出てきます。
そこで分数は使いたくない。どうすればいいかを聞きました。
一次の項を増やす。2倍して偶数にする。
との意見が出ました。
2倍してみました。
すると二次の項が正方形に並びません。
ということで4倍することになり、無事に正方形に並べることが出来ました。
つぎに二次の係数が1以外のものについてやりました。
いままでのように4倍してもうまく正方形に並びません。
ということで、羽を広げることで正方形に出来ることがわかりました。
二次の項の係数倍です。つまり2次の項を正方形にするためです。
ということで4a倍(風車法)すればいいことが分かり無事分数を使わずに解の公式が導けました。
最後に「移項の歌」を披露し、みんなで歌って終わりました。
テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
2012年05月29日 (火) | 編集 |
きょうはコスモへの出張指導の日でした。

Tちゃんがお休みでした。

Mちゃんは、スピログラフの花びらの秘密について調べました。
私が以前使っていたものと歯数が違っているようでしたので、歯数を調べるところから始めました。
歯数の組合せで6種類できます。
それぞれの花びらの数を数えました。
花びらが閉じると言うことは同じ場所に戻ると言うことになります。
そこで普通の歯車の場合それぞれが何回転すると元に戻るかを考えてもらいました。
実際に36と63の歯車で何回転するか調べました。
7回転と4回転することが分かりました。
そうするとかけ算して歯数を調べたらどちらも252になり、なるほどという事になりました。
この数は何かを考えてもらい最小公倍数になっていることに気がつきました。
スピログラフは大きい方は固定されていて動きませんから、逆に小さい方の歯車がその分回転していることが分かりました。
つまり自転と公転ということです。
これで前回やったユークリッドの互除法最大公約数を見つけ、それで割ることにより、自転と公転の回数が分かりました。
自転によって花びらが決まるということで、残りの5種類も確かめました。
   コスモ1205291
テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
2012年05月24日 (木) | 編集 |
きょうはやすらぎの森の活動日でした。

先週はお休みでしたが、きょうは元気にやってきました。
済美教育センターに実習に来ている学生さんもきました。

Sくんは、始めはいつものようにパズル「ナンバーリンク」をやりました。
前回できなかったのをやりました。
つぎにパソコンのフリーソフトgrapesを使って一次関数にいついて調べました。
初期値を一定にし、変化の割合を変えるとどうなるのか。
初期値を変えるとどう変わるか。
変域のある場合の最大値最小値はどうなるのか。
2点を通る一次関数の式を求めることをやりました。

その後ユークリッドの互除法についてやりました。
内容はコスモと同じでした。
テーマ:不登校
ジャンル:学校・教育
2012年05月23日 (水) | 編集 |
きょうは大学での講義の日でした。

今回は文字の扱いの第3弾ということで文字の計算をやりました。

物理科が軽井沢の研修でいなくて学生は少なかったでした。
文字式は無味乾燥でしかも抽象的で分かりにくいですので、それを目で見あるようにしたのがベキタイルです。
つまり面積で表します。
中学の教科書でも付録についているほどになりました。

始めにベキタイルの成り立ちや扱い方についてやりました。
乗法は長方形の面積を求めること。
(一次式)×(一次式)は4つのブロックつまり田の字になっていること。
それにより分配法則についてやりました。
つぎにベキタイルを長方形に並べることで、そのたてとよこのかけ算にすることが因数分解であることをやりました。
並べ方の手順について考えてもらいました。
x二乗タイルを長方形に並べる。
1タイルを右上に長方形に並べる。
最後にxタイルを左上と右下に分けてうまく入れられるかを調べる。
ダメなら1タイルの並べ方を変える。
つまりタスキがけ法の考えに行きつきます。
これを忍法田の字としての解き方をやりました。
これさえできるよになれば公式は覚える必要がなくなります。
最後に2元6項の因数分解も降ベキの順に並べなくても忍法田の字で簡単に因数分解ができることをやりました。
   日大1205231 日大1205232
テーマ:不登校
ジャンル:学校・教育
2012年05月22日 (火) | 編集 |
きょうはコスモへの出張指導の日でした。

MちゃんとTちゃん一緒にユークリッドの互除法についてやりました。
長方形を埋めることのできる正方形を考えてもらいました。0.5、0.25といくrsでも小さい正方形が考えられることを見つけてくれました。
つぎに埋めることのできる可能性のある一番大きな正方形を考えてもらいました。
すぐに短い方の辺の長さであると答えました。
しかしそれでは埋め尽くすことができkませんでした。
つぎに埋めることの可能性のある正方形を考えてもらいました。
半分の長さであることを言いました。
これでも埋められませんでした。
つぎはと聞きました。
3等分ということでうまく埋められました。
そこでその3つの場合を実際に図に書いてもらいました。
そこで気がついたことを出してもらいました。
1等分2等分3等分していっても変わらない線が1本あること。
そして、その線が同じ大きさの正方形で、どの場合も埋められていること。
したがって、正方形の部分は考えなくていいので、のこりの長方形を埋められる正方形を考えればいいこと。
同じことを繰り返して行くと最後にうめられる正方形が見つかります。
その後スピログラフで模様を書いてもらいました。
   コスモ120221
テーマ:不登校
ジャンル:学校・教育
2012年05月16日 (水) | 編集 |
きょうは大学での講義の日でした。

今回は文字の扱いの第2弾と言うことで、関数をやりました。
自動販売機、ブラックボックスを使って働きについて考えてもらいました。
一次関数の働きを見つけ式化することをしました。
座標変換による2次関数の式化をやりました。また、2次関数の対称性を利用した軸や頂点の座標を求め式化することについてもやりました。
その他関数で使える教材について紹介しました。
テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
2012年05月15日 (火) | 編集 |
きょうはコスモへの出張指導の日でした。

Kちゃんが卒業したので現在は2名が参加していますが、きょうはMちゃんは休みました。

Tちゃんは、パソコンのフリーソフト grapesを使って二次関数(二乗比例)についてやりました。
比例定数によってどう変化するのか。
変化の割合はどう変わるのか。
変域によって最大値最小値がどう変わるのかについて調べました。
積極的に色々試していてよかったです。
   コスモ1205151
テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
2012年05月12日 (土) | 編集 |
きょうは数楽教室の日でした。

学び直しの社会人です。
正負の数の累乗についてやり、その後総まとめとして正負の数のパズルをやりました。
マジック・スクエアー、クロスナンバーパズル、四則演算の記号は何?、漢字な何?の4つをやりました。
これで正負の数は終わりました。
次回からは方程式に入ります。
テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
2012年05月10日 (木) | 編集 |
きょうはやすらぎの森の活動日でした。

Sくんは、30分位早く自転車で来ました。
まずはいつものようにパズル「ナンバーリンク」をやりました。
3題まではスムーズにできたのですが、4つ目はなかなかうまくいかなかったので次回にすることにしました。
そのつぎは前回の続きで関数をやりました。
座標で絵を書くのをやり、その後自分で点を結んで、その点の座標を読みとってもらいました。
絵に色を塗って仕上げました。
なかなかいい絵ができました。
   やすらぎの森1205101

そのあとは1次関数についてやりました。
特に初期値と変化の割合についてていねいにやりました。
式化も対応表もグラフもきちんと出来ていました。
最後にパズル「四角に切れ」を4題やりました。
特に問題なくできました。
こちらにいる間雨が降っていましたが、帰るときにはすっかり上がっていました。
テーマ:不登校
ジャンル:学校・教育
2012年05月09日 (水) | 編集 |
きょうは大学での講義の日でした。

後期にやる模擬授業の話をしました。
正負の数のつぎにやる文字についてやりました。
教科書では、「文字の計算」「方程式」「関数」の順に扱っています。
分かりやすさの順番はどうなのかを考えてもらいました。
学生は教科書通りの順で難しいと答えていました。
文字の計算の文字は「一般の定数」つまり抽象的な概念。
方程式は「未知の定数」で出題者はその数を知っていて、その数を求めること。
関数は「変数」。
と言うことで、子ども達の分かりやすさは「方程式」「関数」「文字の計算」であることを話しました。
東京書籍の1次方程式の最初のページのコピーを渡しました。
最初の問いかけでは方程式にしなくて充分解けてしまいます。つまり文字を使う意味や便利さ等感じられません。
だから連立方程式から始めた方がいいと言うことを話しました。
そして、2種類のキャラメル、チェルシーとミルクキャラメルの重さあてで連立方程式の考え方についてやりました。
最初3個と1個の重さを測り、それでそれぞれの重さがくつか考えてもらいました。
これでは決められないことを確認しました。
どうして決められないかは、2種類の重さがあるからで、どちらかがわかれば求められることを確認しました。
つぎに1個と1個の合計の重さを測りました。
これだとそれぞれの重さを求めることが出来ました。
どうやって求めたかを説明してもらいました。
2種類の考え方があること確認しました。
箱の重さを求めましたが、箱の中に書いてある数を求めることと同じであることを確認しました。
その後、キャラメルの名前ではなく簡単に文字で表すことにして文字に移行しました。
代入や代入法については代入箱で説明しました。
「どうして移項ができるのか」について考えてもらい、発表してもらいました。
テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
2012年05月08日 (火) | 編集 |
きょうはコスモへの出張指導の日でした。

 Mちゃんは、持って来た教材で分数×分数をやりましたが、とても分かりにくかったので、タイル図を使って考えてもらい、
何故分母同士分子同士書ければいいかについてやりました。
とてもよく分かってくれました。

 Tちゃんは、前回の続きで2次関数をやりました。
グラフを書いたり平均速度を計算したりしました。

 Kちゃんは、ギターのフレッドがどの様な感覚で着いているのかを実際に測って調べました。
半音ずつの割合はほぼ0.9であることが分かりました。
オクターブで弦の長さは半分になり、半音階でオクターブは12音あるのでその倍率は05の12乗根であることが分かりました。
音楽の話しをしました。
そこで、紙笛を作るので、長さを計算して求めました。
その後スタッフも入れてちょうど5人なので、ドからソまで分担して作りました。
そしてちょうちょうを合奏しました。
最後にパワーズオブテンのDVDをみんなで見ました。
いよいよ大学受験なので、今回で卒業になりました
テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。