FC2ブログ
学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年01月27日 (火) | 編集 |
きょうはコスモへの出張指導の日でした。

参加者は6名でした。
新しい小学三年生が来ていました。
正方形の面積を求めてもらいました。
そしてピタゴラスの定理に気がつくかをしました。
しっかり答えてくれました。
そこでさっそくピタゴラスのはめ板パズルをやってもらいました。
初級はみんなできていました。早い子は中級までできました。
   コスモ1501272 コスモ1501273
   コスモ1501271
スポンサーサイト
テーマ:不登校
ジャンル:学校・教育
2015年01月21日 (水) | 編集 |
きょうは大学での講義の今年度最後の講義でした。
   
今回は「はとめ返し(等積変形)」をやりました。
適当な四角形を4つに分割し、引っ繰り返して4つの頂点を中心に集めて四角形を作る、いわゆる等積変形です。
始めにどんな四角形も合同な四角形で平面を敷きつめられることをやりました。
   日大15012101 日大15012102

最初は各辺のどの部分を切ればいいかを確認してもらいました。
中点ということが分かりましたので、その4点と適当な内部の点を結んで試してみました。
見事に四角形になりました。
   日大15012103
ここで引っ繰り返すのではなく、回転して集めても同じことを確認しました。

   日大15012104

つぎに平行四辺形になるように切るにはどうしたらいいか考えてもらいました。
左は割とすぐに思いつく切り方です。
   日大1501215 日大15012106

さらに長方形にしてもらいました。
   日大15012107

つぎは三角形にするにはどう切ったらいいか考えてもらいました。
つまり頂点を1つ減らすと言うことです。
   日大15012108

今度は逆に頂点を1つ増やして五角形にする切り方を考えてもらいました。
   日大15012109

最後に六角形にする切り方を考えてもらいました。
   日大15012110
   日大15012111
テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
2015年01月20日 (火) | 編集 |
きょうはコスモへの出張指導の日でした。

参加者は6名でした。
年明け最初と言うことなので、干支の羊を使ったパズルをやりました。
10個のピースを使って正方形にするのはできていました。
   コスモ1501201 コスモ1501202 コスモ1501203
   コスモ1501204 コスモ1501205 コスモ1501206

同様にして羊と言う感じにするのは少し手間取っていましたが、大体の子ができていました。
   コスモ1501207 コスモ1501208 コスモ15012010
   コスモ1501209 コスモ15012011
テーマ:不登校
ジャンル:学校・教育
2015年01月16日 (金) | 編集 |
今日は今年最初の金曜学習室の日でした。
ゆうゆう高円寺東館に行きました。

スクールソーシャルワーカーの方が6名
応援団の方が1名
教員(私)が1名
参加者は7名でした。

いつものようにほとんどの子ども達はおしゃべりをしたりトランプをしたりして楽しんでいました。
それが楽しいのでしょう。
   金曜学習室1501161

ただ一人だけ頑張って理科の問題集をやっていました。
しかし学習用の部屋でやる子どもは残念ながらいませんでした。
テーマ:不登校
ジャンル:学校・教育
2015年01月14日 (水) | 編集 |
きょうは大学での講義の日でした。

学生による模擬授業の実施11回目です。
2名が行いました。

一人目は数Iの三角形の面積でした。
三角形の分類に時間がかかってしまい、肝心の面積までいきませんでした。
   日大1501141

二人目は数IIも微分係数でした。
平均変化率から微分係数への考え方がハッキリしていませんでした。
   日大1501142

今回で31名の学生による模擬授業が終わりました。
生徒が主体となり発言や意見を出し合う授業つくりではなく、どうしても従来型の教師の一方的な説明になってしまいます。
それでは自ら考えて問題を解く力はなかなかつきません。
経験がないと言うことが大きいようです。
テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
2015年01月10日 (土) | 編集 |
きょうは数楽教室の日でした。

いつものように社会人の学び直しの方が見えました。

前回残っていた最後の準正多面体の斜十二・二十面体を作りました。
また、どうしてもねじれ立方体をもう一度作りたいというので作ってもらいました。
前回苦戦したのですが、スムーズに作ることができ本人も満足していました。
先に進もうと思ったのですが、本人が分からなかったところをもう一度復習したいというのでそうしました。
Δ多面体のこと、オイラーの定理のこと等やりました。
オイラーの定理は私が一枚目の底にあたる面の分の1と最後にするフタに当たる面の合計2だと言ったので、面の定理だと勘違いしていました。
でもきちんと理解し納得しました。
   数楽教室15011101 数楽教室15011102
テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。