FC2ブログ
学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年02月16日 (火) | 編集 |
きょうはコスモへの出張指導の日でした。

今回は動物当てパズルをやりました。

16種類の動物を見せてその中の1つの動物を決めてもらいます。
その動物を当てるというものです。
4枚のカードを1つずつ見せてその中にあるかを聞いていきます。
裏返しておいていくと最後に目的の動物だけが見えるようになるものです。
少しやってみてから作ってもらいました。
   コスモ1602161
   コスモ1602162

その後「1回だけウソをついても当てられる数当て」をやりました。
   コスモ1602163
これは動物当てパズルをさらに発展させたもので、ウソを見破るための印をつけ、さらに3枚増やし、7枚でするものです。

 いずれにしても2進法を利用したパズルです。
スポンサーサイト
テーマ:不登校
ジャンル:学校・教育
2016年02月13日 (土) | 編集 |
きょうは数楽教室の日でした。

いつものように社会人の学び直しの方が見えました。
今回は無理数の残りと2次方程式をやりました。

最初は無理数に大小関係をやりました。
これも面積図でやりました。
さらに無理数の乗法についてやりました。
特に問題ありませんでした。
つぎに2次方程式についてやりました。
これは数当てをやりました。
キャラメルの箱の中に数字を書いたカードを入れておき、その数に2をたして二乗したら9になりました。
その数は何でしょうか。
と質問しました。
1と答えました。
そこで中を見てみると−5と書いてありました。
つまり二乗して9になる数は3と−3の二つあることを確認しました。
そしてそれを方程式に書き、展開して整理すると二次式=0の形になることをやりました。
このときやはりベキタイルでやりました。
そこでこのような2次方程式は数当てのかたちに変形できれば解けることを確認しました。
ベキタイルで並べると(正方形)=(数)の形にできればいいので、正方形に並べるにはどうかについてやりました。
xタイルを2つに分ければいいということでした。
今回はここまでやりました。
   数楽教室160213
テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。