FC2ブログ
学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
2009年08月25日 (火) | 編集 |
 きょうはコスモでの出張指導の日でした。

 一人お休みで、一人は参加せず、結局いつもの3人が参加しました。

 Toちゃんは、久しぶりに初めから参加しました。前回の続きでおよその数をやりました。
その後、4つの4と魔方陣をやりました。最後に倍数について始めました。問題ありませんでした。

 Kちゃんは、前回の続きでピックの定理です。
前回までで内部の格子点は面積1とし、周囲の格子点は2分の1にすればいいことがわかりましたので、それで計算をしてもらいました。するとすべて、面積より1だけ多いことが分かりました。つまり(内部の格子点)+(周囲の格子点の2分の1)?1で面積が出せそうだと言うことが分かりました。そこで、ものすごい形の面積でも言えるかを調べました。そこで終わってしまいました。次回は何故1を引くのかについて調べることになります。
   コスモ0908251

 Yちゃんは、前回の二次方程式を解くことから始めました。
つぎに正方形を1つ取った長方形が元の長方形と相似にとき、短い方の辺を1といたときの長い辺の長さを求めました。これが所謂黄金比になることを話しました。西洋の絵画や建築にはこの黄金比が使われ、日本では1対ルート2が使われていること話し、その原因が石造りと木造づくりの違いであることを話しました。
つぎに、ピタゴラスの定理についてやりました。輪になったひもに等間隔に12の結び目がついているエジプトひもを使って正三角形、二等辺三角形、ひし形、平行四辺形を作ってもらいました。さらに直角三角形を作りそれによって正方形や長方形を作ることができたことをやりました。面積としてのピタゴラスと長さとしてのピタゴラスの定理を確認しました。

 みんな頑張ってやっていました。
スポンサーサイト



テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック