FC2ブログ
学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
2009年09月01日 (火) | 編集 |
 きょうは、コスモでの出張指導の日でした。

 いつもの3人を指導しました。

 Toちゃんは、倍数の続きをやりました。
始めに同じ倍数同士をたしてもひいても同じ倍数になることをやりました。それから、2の倍数、5の倍数の見つけ方についてやりました。問題なく理由も言ってくれました。
 つぎに4の倍数の見つけ方についてやりました。百位以上は4の倍数であることはすぐに見つけてくれました。その後十位については、偶数なら4の倍数になるので一位が0,4,8なら4の倍数を見つけてくれました。十位が奇数のときについては、10残るので一位と合わせて12,16のとき4の倍数であることを見つけてくれました。素晴らしい発想ですね。普通は十位以下の二ケタが4の倍数としますが、20、40,60,80を除いた数が4の倍数かを調べればいいわけです。さらに、3の倍数、9の倍数の見つけ方も見つけてくさました。
 倍数トランプを使って4の倍数集めや3や9の倍数集めをやりました。まったく問題ありませんでした。
 つぎに8cmと12cmのテープを貼ってもらいました。同じ長さになるところがあることを調べました。
   コスモ0909011

 Kちゃんは、前回の続きでピックの定理をやりました。
今回は「何故1とひくのか」についてやりました。簡単な図形の長方形で調べました。つぎにその長方形の半分の直角三角形で成り立つことをしらべました。文字式の威力を知りました。
 つぎは、2つの図形を合併してもなりたつことと、逆に2つに分割した図形でも成り立つことを確認しました。つぎは、どんな三角形でもなりたつことを確認しました。最後にどんな図形も三角形に分割できるので、やはりピックの定理が成り立つことを分かりました。難しかったですが、何とか理解できたようです。
 その後四角形についてやりました。色々な四角形を同じ形で集めてもらい、合同について確認をしました。9種類ある四角形を、それぞれ1種類で平面を敷きつめられるかについてやりました。これは簡単に全部敷きつめてくれました。最後にどうして敷きつめられるかについてやりました。いずれも1つの頂点に四角形のすべての頂点が集まっているので、並べられることがわかりました。
   コスモ0909014 コスモ0909015

   コスモ0909016 コスモ0909017

 Yちゃんは、ピタゴラスの定理のパズルをやりました。a,b,cの直角三角形4つとb?aの正方形で大きな正方形を作ります。つぎにaとb一辺を持つ正方形がくっついた図形を作る物です。こういったパズル系が苦手なので、かなり止まっていました。ヒントを出しながら何tか完成できました。ピタゴラスの定理を使って、辺の長さを出す問題をやりました。
   コスモ0909013 コスモ090912

 きょうもみんなよく頑張ってやっていました。
スポンサーサイト



テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック