FC2ブログ
学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
2009年11月21日 (土) | 編集 |
 きょうは大学の講義の日でした。

 1時限目、最初に第3回課題の「マイナス×マイナスは何故プラス」について、代表的な考え方について代表者による説明をしてもらいました。
 教科書の配布をし、教科書ではどのように扱っているかも見てもらいました。
 かけ算ですので、?当たり量×いくつ分=全体量です。したがって3つの量が出てくるので、それぞれの量の符号の定義をしっかりさせないといけないことを強調しました。また、分離量ではなくやはり連続量を扱うべきであることも話しをしました。
 その後は、直線を使って絵を書く教材を実際にやってもらいました。
 生徒作品を見せたり、その他の1次関数の教材を紹介しました。

 2時限目は模擬授業でした。本日2名がやる予定でしたが、1名欠席でできませんでした。
 二次関数の最大・最小問題の所をやりました。とてもていねいでよかったのですが、このあとの定義域のある場合に入れませんでした。教具は特にありませんでした。
   東邦大学0911211
スポンサーサイト



テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック