FC2ブログ
学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
2009年12月12日 (土) | 編集 |
 きょうは大学での講義の日でした。

 1時限目は図形についてやりました。
 まず、「折り紙で三角定規をつくろう」ということで折ってもらいました。その中で内心、外心、重心、垂心、傍心の話しもしました。

 つぎに、カックマンと言う教具で多角形の外角の和が360度のなることや、星型5角形の外角の和が720度になることが分かるものです。元は三角関数の動径は何周回っても同じであることを見せるものでした。

 最後に、図形の変換の話しをしました。
平行光線と点光源光線を図形に当ててそれがスクリーンにどう映るかという問をしましたが、ほとんど分からない状態でした。やったのは合同変換、相似変換、アフィン変換、射影変換です。
その中のアフィン変換を使ってできる「絵の見える四角錐」を作ってもらいました。
つまり、上から見ると絵や文字に見えるようにするものです。
みんな楽しそうにやっていました。
   東邦大学0912121 東邦大学0912122

 2時限目は模擬授業です。今回3人を予定していましたが、1人休みで2人でした。
一人目は「等差数列の和」の所でした。
武田信玄と上杉謙信の逸話を出したりして工夫していました。
   東邦大学0912123 東邦大学0912124

 二人目は「グラフを利用して二次不等式を解く」の所でした。
最初一次不等式をグラフを利用して解く解き方を教具を使ってやりました。その後二次不等式も同様に教具を使って分かりやすくしていました。
スポンサーサイト



テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック