FC2ブログ
学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
2010年03月16日 (火) | 編集 |
 きょうはコスモへの出張指導の日でした。

 雨の予報でしたが、雨も降らずとても暑かったでした。

 韓国から2人の子が参加していて、総勢9人が学習に取り組みました。私はそのうちの5人を指導しました。
また、4月から高校に進学が決まった子たちは今回で一応終了と言うことになりました。
1人は3年間指導してきたので、当時の事を思い出しながら、すごく成長したなって感動しています。
   コスモ1003161

 Toちゃんは、比例の続きをしました。
ともに変わるものをいくつか扱い、対応表を書き、比例とそうでない物を判定しました。また、比例する場合に対応表から1当たり量を計算し、入力に対する出力を計算してもらいました。
つぎに約400本入っていると書かれているが本当はどれくらいあるかを数えないで調べる方法について考えてもらいました。
出てきたのは「1本の重さを測り、全体の重さを測る」というものでした。実際に測ってみましたが、かなりの誤差がありました。
何故なんだろうと不思議がっていましたので、小数第1位まで測れる測りで釘1本の重さを測りました。
それでもまだかなりの誤差がありました。
そこで、もう少し誤差が少なくなるようにするにはどうするかを聴きました。
「10本の重さを測る」と言うのが出てきました。そこで10本の重さを測りました。
そして1本の重さを計算しました。小数第2位まで求められました。
そこで何本あるかを計算で出してもらいました。今回はここまでです。
次回は実際のくぎの本数を数えて調べることにしました。

 Teちゃんは、座標で絵を書く自作問題を作ってもらいました。タイトルは「メカウサギ」でした。
今回が最後になりました。参加が少なかったのが残念でした。
4月からは高校へ進学することになりました。
   コスモ1003162

 Tuくんは、連立方程式の続きをやりました。
解く事は何とかできていましたが、相変わらず暗算でやろうとしていました。

 Kちゃんは、二次関数の続きをやりました。
対応表を書いたり、文章題から関数の方程式を求めたりしました。
3年間指導してきましたが、きょうで一応終わりです。
高校は3部なので火曜の午前中は来られたら来たいと言ってくれました。
とてもうれしかったでした。

 Yちゃんは三角比の続きをやりました。
なかなか理解できていなかったので、少していねいに指導をしました。
図を書いてもらい何をやっているのかをきちんと理解しながらやりました。
お陰で大分分かるようになりました。本人も「なるほど」という声を頻繁にしていました。

 来週から人数が少なくなってしまいます。
ちょっと寂しいですが、また新しい子どもが1人でも参加してもらえるように頑張ります
スポンサーサイト



テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック