学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年11月09日 (火) | 編集 |
きょうはコスモへの出張指導の日でした。

 Mちゃんは今回は参加しませんでした。

 TちゃんとKちゃんはこのところ一緒にやっています。

 おうぎ形の面積は弧の長さ×半径÷2で求められることを円の面積を紙ひもで求める方法とリンクしてやりました。
Tちゃんは以前やっていたので今回は私がやったのを持ていって見せました。
つぎにハニカムシート出作った教具を使って長方形を真上に持ち上げてできる立体。
回転軸で回転された図形についてやりました。
   コスモ1011091

とても感動していました。
また、真上でなくても同じ高さまで持ち上げても同じ体積になることを、封筒を使ってやるカバリエリの定理が成り立つことを実験しました。

 つぎに円周角と中心角について始めました。
何故か弧度法についてやりました。
角度を1ラジアンに設定した2直線でできる図形を使って輪投げをしました。
そのときこの図形で切り取られる弧の長さの合計で一番長くなる場合はどんなときかを予想してもらいました。
その後、実際に4つのパターンで弧の長さを測ってもらいました。
輪投げの直径が20cmでしたので、いずれも20cm位になることがわかりました。
その中で円の中心が輪投げの棒になったときはあきらかに10cmずつで20cmになることが分かったところで今回は終わりました。
スポンサーサイト
テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。