FC2ブログ
学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
2010年11月18日 (木) | 編集 |
きょうは大学での講義の日でした。

今回も学生による模擬授業を行いました。
4人の学生が行いました。

 一人目は、高校数学Aの確率の導入の所でした。
サイコロを用意していて、学生に実際に振らせていました。
この行為から試行と事象の言葉を入れたのは入りやすく印象に残るのでよかったでした。
ただ、確率は中学二年でやってから扱っていなかったので、確率の意味を確認して欲しかったでした。

 つぎは3人で50分の授業を考え、それを3人で分担して模擬授業をやってくれました。
内容は、高校の数学2でやる複素数の導入でした。
   日大1011181

始めの二人が20分ずつかかってしまったので、三人目は10分しかできなかったのが残念でした。
3人でもう少し時間をかけてじっくり検討するともっといい指導案になったと思いました。
ぜひ来年はこのパターンを多く取り入れられればと考えています。
数の拡張をきちんと演算との関係で確認をして欲しかったでした。
また、今度の改訂で数学3で複素平面が復活するので、数直線からどうやって虚軸を構成するかについて話しをしました。
スポンサーサイト



テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック