学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年12月24日 (金) | 編集 |
きょうは数楽教室の日でした。

 受験生の指導をしました。
今回は5つの項目について解説しました。

 1つ目はベクトルでした。
一次独立、一次従属が主な内容でした。
辺の比を使ってベクトルを表すところで引っかかっていました。

 2つ目は三角不等式でした。
単振動の合成を使う内容でした。
角の定義域から三角関数の値域を求める所で引っかかっていました。

 3つ目は三角方程式の内容でした。
倍角の公式を使う問題でした。

 4つ目は数列の問題でした。
漸化式ですが、本の解答を見たがどうしてそうするのかが理解できなかったようです。
少し技巧的すぎるので分かりにくかったようです。
私がもっと考えやすい方法で解説したらとてもよく理解でしたようです。

 最後に微積の問題でした。
分数関数で変曲点を使った問題でした。
増減表の書き方とそのグラフの外形が難しかったようです。
最後の面積を求める問題は、二次方程式の解と係数の関係を使わないと計算が大変ですが、それでも結構大変な問題でした。計算はあとでやると言うことにしました。
スポンサーサイト
テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。