学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年05月16日 (月) | 編集 |
きょうは高南中学の「高南プラン」の日でした。

 中学2年生対象で、参加者は5名でした。

 今回は「箱の代数」ということで連立方程式をやりました。
チェルシーとミルクキャラメルを見せ、「この1箱の重さがいくらくらいか」聞きました。
まず予想をさせました。
つぎに「ヒントを出すのでもし当たったらあげましょう」と持ちかけたらすっかりのってきました。

 3箱と1箱の重さを実際に測りました。
みんなは一生懸命計算をしていましたが、1つに決まりませんでした。
どうすれば決まるかを聞きました。「1つが分かれば」ということでした。
つぎに1箱ずつで測りました。
この2つのヒントで考えてもらいました。
今度はできました。
どうしてそう考えたのか聞きました。
1箱ずつ取ると2箱残るので、さらに半分にいて求めてくれました。
したがってたの重さも分かりました。

 このあとは、箱の重さの変わり、箱の中に数字の書いてるカードの数字を当てることにし、数あてをしました。
みんなできるようになりました。

 最後にアメを2個ずつあげました。
喜んでいました。
スポンサーサイト
テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。