学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年05月26日 (木) | 編集 |
きょうは大学での講義の日でした。

始め先週オリエンテーション研修で休みが多かったので,教具のブラックボックスと二次関数定規を紹介しました。
まず、ベキタイルをハサミで切って作ってもらいました。
ベキタイルは小学校でやってきたタイルの延長であることも簡単に触れました。
まず、乗法についてやり、タイルの使い方をやりました、
その後ベキタイルを使って長方形に並べることをやってもらいました。
   日大1105261

同じ長さでつけることを強調しましたが、何人か違う長さをつけていました。
どういう順番に並べると早く長方形に並べられるか考えてもらいました。
2つの意見に分かれましたが、最終的には1つになりました。
タイルを並べる代わりに面積図で求める方法をやりました。
これがいわゆるタスキがけ法になります。
今回は時間がなくなったので、その使い方については次回になりました。
スポンサーサイト
テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。