FC2ブログ
学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
2011年12月20日 (火) | 編集 |
きょうは、先日済美教育センターの方から話のあった中学3年生が体験に来ました。

最初簡単な自己紹介をしました。

その後、「誕生日当てカード」をやりました。
始めは通常の形で、5枚のカードを見せてその中にあるかどうかを聞いていき、即座にその数を当てるという物です。
何故我々人類は十進法を使っているのか、十二進法も根強かったが十進法に統一されたのは何故か。などの話しをしました。
そして、このカードは二進法でできているわけで、1から31までを二進法にしてもらいました。
そして5枚のカードを作ってもらいました。
つぎにさらに4枚のカードを追加しました。合計9枚のカードを見てあるかないかを言ってもらうのですが、今度はどこかで1回だけうそをついてもそのカードが何か、そして数もきちんと当てられるというのをやりました。
こちらも作り方を説明し、カードを作りました。
原理を説明しました。
とても楽しかったようです。

つぎに「どこでも十」というパズルをやりました。
済美の方がなかなか出来ないのですが、彼はどんどん完成し、最後には関連性の法則まで見つけてくれました。

あっと言う間に2時間が経っていました。
まだ頑張りそうな勢いでした。
スポンサーサイト



テーマ:不登校
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック