学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年12月20日 (火) | 編集 |
きょうは数楽教室の日でした。

Rくんは、誕生日当てカードを解説しながら作りました。
まず、二進法で1から31までを表してもらいました。
その各位が1の数を同じカードに書いてもらいました。
これで1から31までの数を当てることができます。
つぎにできた5枚のカードにAからDのアルファベットを2つずつ書いてもらいました。
新たに4枚のカードを追加し、その4つのカードにAからDを書き入れました。
そして、同じ数字の入っているカードのアルファベットを調べ、AからDが奇数個のものを調べます。
奇数だったアルファベットのカードにその数を書き入れ、すべてアルファベットが偶数になるようにしました。
これで1回うそをついても、うそをついたカードがどれで、考えた数がいくつか当てられます。
その理屈も理解できたようです、少し時間があったら久しぶりにペントミノパズルをやりました。
3×4×5の立体をあっと言う間に3種類完成させていました。
スポンサーサイト
テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。