学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年05月09日 (水) | 編集 |
きょうは大学での講義の日でした。

後期にやる模擬授業の話をしました。
正負の数のつぎにやる文字についてやりました。
教科書では、「文字の計算」「方程式」「関数」の順に扱っています。
分かりやすさの順番はどうなのかを考えてもらいました。
学生は教科書通りの順で難しいと答えていました。
文字の計算の文字は「一般の定数」つまり抽象的な概念。
方程式は「未知の定数」で出題者はその数を知っていて、その数を求めること。
関数は「変数」。
と言うことで、子ども達の分かりやすさは「方程式」「関数」「文字の計算」であることを話しました。
東京書籍の1次方程式の最初のページのコピーを渡しました。
最初の問いかけでは方程式にしなくて充分解けてしまいます。つまり文字を使う意味や便利さ等感じられません。
だから連立方程式から始めた方がいいと言うことを話しました。
そして、2種類のキャラメル、チェルシーとミルクキャラメルの重さあてで連立方程式の考え方についてやりました。
最初3個と1個の重さを測り、それでそれぞれの重さがくつか考えてもらいました。
これでは決められないことを確認しました。
どうして決められないかは、2種類の重さがあるからで、どちらかがわかれば求められることを確認しました。
つぎに1個と1個の合計の重さを測りました。
これだとそれぞれの重さを求めることが出来ました。
どうやって求めたかを説明してもらいました。
2種類の考え方があること確認しました。
箱の重さを求めましたが、箱の中に書いてある数を求めることと同じであることを確認しました。
その後、キャラメルの名前ではなく簡単に文字で表すことにして文字に移行しました。
代入や代入法については代入箱で説明しました。
「どうして移項ができるのか」について考えてもらい、発表してもらいました。
スポンサーサイト
テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。