学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年05月23日 (水) | 編集 |
きょうは大学での講義の日でした。

今回は文字の扱いの第3弾ということで文字の計算をやりました。

物理科が軽井沢の研修でいなくて学生は少なかったでした。
文字式は無味乾燥でしかも抽象的で分かりにくいですので、それを目で見あるようにしたのがベキタイルです。
つまり面積で表します。
中学の教科書でも付録についているほどになりました。

始めにベキタイルの成り立ちや扱い方についてやりました。
乗法は長方形の面積を求めること。
(一次式)×(一次式)は4つのブロックつまり田の字になっていること。
それにより分配法則についてやりました。
つぎにベキタイルを長方形に並べることで、そのたてとよこのかけ算にすることが因数分解であることをやりました。
並べ方の手順について考えてもらいました。
x二乗タイルを長方形に並べる。
1タイルを右上に長方形に並べる。
最後にxタイルを左上と右下に分けてうまく入れられるかを調べる。
ダメなら1タイルの並べ方を変える。
つまりタスキがけ法の考えに行きつきます。
これを忍法田の字としての解き方をやりました。
これさえできるよになれば公式は覚える必要がなくなります。
最後に2元6項の因数分解も降ベキの順に並べなくても忍法田の字で簡単に因数分解ができることをやりました。
   日大1205231 日大1205232
スポンサーサイト
テーマ:不登校
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。