学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年06月20日 (水) | 編集 |
きょうは大学での講義の日でした。

今回のテーマは数列です。
フィボナッチ数列の例をやりました。
その後、1から100までのたし算をどうやって簡単にするかについてやりました。
2通りの考え方が出ました。あと2通りくらいは出るので、その計算式を黒板に書き、どうしてその様な計算式になったのかを考えさせました。
そのうちの一つがいわゆる等差数列の和の考え方である初項と末項をたして項数かけて2で割る、という考え方です。教具で示しました。
その後Σk、Σk^2、Σk^3がどうなるかを聞きましたが、忘れているようでした。
そこで立方体で作った教具で考えてもらいました。
そして、パズル「ハノイの塔」をやってもらいました。
6段の場合の最低回数を考えてもらいました。
操作から2倍して1をたすということが分かりました。
そこでその一般項を求めてもらいました。
1つしか出ませんでしたので、別な考えも出しました。階差数列の考え方です。
最後にnの二乗の二乗−1が3の倍数であることを証明するのにL字のパズルで解く方法をやりました。これは数学的帰納法を扱った教材でした。
   日大1206201 日大1206202
スポンサーサイト
テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2012/08/04(Sat) 03:12 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。