学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年04月17日 (水) | 編集 |
きょうは大学の講義の2回目です。

今回のテーマは分数計算です。
何故たし算とかけ算とでは計算方法が違うのかについてやりました。
たし算はどうして通分する必要があるのか。
かけ算のように分母や分子どうしたしてはいけないのかを班で議論してもらいました。
12班のうち半分の6班に黒板に書いてもらい、説明をしてもらいました。
分数には割合を表す分数とを表す分数があること。
計算は量を基にしていることを確認しました。
ここで教具「倍分約分器」が活躍しました。

その後、かけ算はどうして分母同士分子同士かければいいかについて考えてもらいました。
わり算は分数÷整数までやりました。

÷分数は課題にしました。

今回はかなかな難しかったようです。
スポンサーサイト
テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。