FC2ブログ
学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
2013年05月01日 (水) | 編集 |
本日は大学の講義の日でした

欠席は1名で50名が受講しました。
今回はまず文字が大きく分けて3つの使い方があることについてやりました。
班で話し合ってもらいそのうちの1つの班が概ね答えてくれました。
その使い方の分かりやすい順を聞きました。
大半が文字式と答えておりました。
しかし実際は一番抽象的で子ども達にとって分かりにくいということを確認しました。
そして一番分かりやすいのが未知の定数である方程式ということに落ち着きました。
そこで方程式についてやることにしました。
しかし、1次方程式の問題は特に式を立てなくても答が出せてしまい、必要性を感じない。
だから連立方程式から始めた方がその必要性を感じてもらえると私は思っていることを話しました。
ということで、2種類の箱の重さを当てると言うことで、箱の代数をやりました。
また、代入が分かりにくい、特に代入法で解くとき、文字に文字式を代入するのが分かりづらいです。
そこで代入箱を使ってやりました。
移項と言う操作は何故できるかを考えてもらいました。
最後に移項の歌を披露して終わりました。
次回はつぎに分かりやすい関数についてやります。
スポンサーサイト



テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可