学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年06月18日 (水) | 編集 |
きょうは大学での講義の日でした。

きょうが10回目です。
   
今回の内余は数列です。
   日大1406131

始めに「一つがいのウサギ」をやりました。
これはフィボナッチ数列になるものです。
自然界に現れるフィボナッチ数列の例として松ぼっくりやひまわりの渦についてやりました。
1から100までのたし算をどうやって簡単に計算するかについて考えてもらいました。
4つの方法が出ました。
その中で一般性を持った方法がいわゆる等差数列の和の公式であることを教具を使って示しました。
つぎに「ハノイの塔」と言うパズルをやってもらいました。
最小回数の求め方についてやりました。
最後に数学的帰納法を考えるのに適した「L字パズル」をやりました。

教具としてΣk二乗やΣk三乗を見せました。
スポンサーサイト
テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。