学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年07月16日 (水) | 編集 |
   顕微鏡で1円玉
きょうは大学での講義の日でした。

きょうが14回目です。
   
今回の内容は微分です。

まず折り紙で箱を作りました。
一辺が10cmの正方形から四角を切り取ってできる形の箱を作るのですが、容積が最大になるのは深さを何cmにすればいいかを予想して作ってもらいました。
微分を学習すると計算で求めることができるようになるという事で始めました。
   日大1407161

坂道の勾配からグラフの勾配へ発展させました。
一円玉の縁をルーペと600倍の顕微鏡で見てもらいました。
曲線が直線に見える事を実感してもらいました。
どんな曲線も極狭い範囲を見れば直線に見え、それが接線であること。
そこで教具セッセンサーで接線を読みとってもらいました。
最後に直線を何本も引くと円になったり放物線になったりすることを体験してもらいました。
スポンサーサイト
テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。