学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年10月11日 (土) | 編集 |
きょうは数楽教室の日でした。

いつものように学び直しの社会人の方が見えました。

前回の続きで空間図形です。
まずデカルトの定理を使って準正多面体の頂点の数を求めました。
さらに辺の数も求められます。
頂点の数と辺の数が分かりましたからオイラーの定理で面の数が求められます。
あとは1つの頂点に集まっている図形の比を使ってそれぞれの枚数が計算できます。
それにしたがって今回は角切り四面体立方八面体角切り立方八面体の3つを計算で枚数を計算した後実際に作ってみました。
   数楽教室1410111 数楽教室1410112
   数楽教室1410113
スポンサーサイト
テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。