学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年02月17日 (火) | 編集 |
きょうはコスモへの出張指導の日でした。

参加者は7名でした。
箱の代数つまり連立方程式についてやりました。
まず鈍感てんびんを使ってつりあっているとき片方に乗せるとどうなるか。
逆に取るとどうなるかをやりました。
そこでチェルシーとミルクキャラメルの重さあてをやりました。
チェルシー3箱とミルクキャラメル1箱の重さを測りました。
   コスモ1502172

これでそれぞれの重さが分かるかをやりました。
これでは決められないことを確認しました。
そして2種類あるから求められないことを確認しました。
つぎに1箱ずつ一緒の重さを測りました。
   コスモ1502173

この2つの条件でそれぞれの重さがどうなるか考えてもらいました。
何とか六年生の子がたどりつき求め方を説明してくれました。
重さで考えましたが、箱の中に数字が書いてありその数を求めているのと同じことであることを確認しました。
   コスモ1502174 コスモ1502175

今回はここまでやりました。
   コスモ1502171
スポンサーサイト
テーマ:不登校
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。