学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年04月29日 (水) | 編集 |
きょうは大学の講義の3回目でした。
休日だというのに最近は休みにならないのです。

今回のテーマは「正負の数の加減法」についてでした。

トランプを使った正負の数の加減法のゲーム「赤と黒」をやりました。
基本的にはババ抜きの要領です。
   日大1504291

始めは単純に最高点だと持ったらストップをかけてやりました。
ここでどんな工夫をして得点計算をしたかについて聞きました。
   日大1504292

その後、マイナス点ばかりの人が出てきたりするので、さらにビリストップもかけられるようにしました。
本当にビリだったら、プラスとマイナスを逆転させます。
マイナス5点の人はプラス5点に、プラス7点の人はマイナス7点になるわけです。
   
最後に最初に得点計算をしたらカードは伏せてしまい、その後はカードをやり取りした2人だけそのカードを確認し、持ち点を計算したらメモしていくことにしました。
   
実際の授業ではそれぞれ1時間ずつ合計3時間かけてじっくりやっていました。
   日大1504294
スポンサーサイト
テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。