学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年06月03日 (水) | 編集 |
きょうは大学の講義の8回目でした。

今回のテーマは「解析幾何」についてでした。

どうも教科書は関数と解析幾何を同じように扱っています。
座標の取り方にも気を配る必要があります。
関数ではx軸とy軸の1は同じ長さである必要はありませんね。
でも解析幾何は必ず同じにしないと形が変わってしまいます。

解析幾何ではぜひ方程式や不等式の領域を使って絵を書かせたいです。
と言うことでまずは座標を取りそれをつなげると絵になる物をやりました。
   日大1506031

つぎに領域のある直線や円などを使って絵を書いてもらいました。
   日大1506032

最後に不等式の領域を使ってその部分に色を塗って絵に仕上げてもらいました。
   日大1506033

あとは自分で絵を考えてそれを方程式にしたり不等式の領域にする課題を出しました。
   日大1506034
スポンサーサイト
テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。