学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年06月24日 (水) | 編集 |
きょうは大学の講義の11回目でした。

今回のテーマは「指数対数関数」についてでした。

1から9までの数字3つを使ってできるだけ大きな数を考えてもらいました。
もちろん重複してもいいです。
999,99、999、(9)
9の9乗の9乗は物凄い数になります。

細菌の増殖で一様倍変化について考えてもらいました。
そして指数関数が使われている例としてギターのフレッドの間隔について調べました。
   日大1506241 日大1506242

ほとんど長さが半音上がる毎に0.94倍になっていることが分かりました。
つまり一様倍です。
半音上がることの倍率をrとして1オクターブ上がると長さが半分になります。
その間12音がありますので
12=1/2
したがってt≒0.94
となるわけです。

音楽と数学が関係しているんですね。
スポンサーサイト
テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。