FC2ブログ
学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
2005年06月11日 (土) | 編集 |
 今日大学で、前回に続き学生に「移項は何故できる」の模擬授業をやってもらいました。
 みんな、楽しい教具を作ってきてくれ、見ているだけでとても楽しくなりました。
 教具の大切さをみんな理解してくれ、さらに作ることを自分で楽しんでくれるようになりました。
 これからも楽しみです。
ikou3s.jpg 最初の教具はてんびんです。実際に釣り合わせることで確かに同じ重さを両方に乗せても取っても変わらない様子がはっきりわかり、とてもよかったです。
黒板につけられるようにするともっと見やすかったかもしれません。
私も今度は黒板につけられる天秤を作ろうと思いました。
ikou4s.jpg つぎは、ビー玉の入っている箱と、チョコの入っている袋、お金の入っている貯金箱を使って説明してくれました。
多彩な小道具が用意されよかったです。
具体的で身近なもとを使ってだったので入りやすかったです。
ただ、ほとんどが机の上でやっていたので少し見づらかったです。
黒板に貼れるようにできるともっとよかったです。
ikou5s.jpg 3番目は、まず項を理解してもらうために項ごとのカードを作ってきて黒板に貼って見せてくれました。
せっかくだから裏返して符号が変わるようにすると、もっとその後の移項の所でも使えました。
その後は黒板に貼る天秤を使いチョコボールの重さを求めるということで、移項の話につなげていました。
身近なチョコボールの箱を使うことにより親しみをもって考えられよかったです。

 ikou6s.jpg 最後は、大変かわいい人形を使ったり、また可愛いキャラクターを使ったプリントが用意されていました。
大変面白い発想の説明でした。
棒弾きという設定で、両側で棒を引いている様子が人形を使って黒板に貼ることで実現していました。
さらに、一人が逆に移動しても釣り合っている様子を見ることができました。
つまり、「10+5=15」は「10=15?5」というものです。
 どうですか、素晴らしいでしょ。みんな楽しそうにやっていましたよ。
スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック