FC2ブログ
学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
2006年06月24日 (土) | 編集 |
 きょうの大学では第2回目の模擬授業をやりました。
きょうも4名が挑戦しました。

 最初は、中学2年でやる連立方程式の導入でした。
指導案のときはもっと充実した教具になる予定でしたが、少し準備不足でした。
    東邦大学模擬授業第2回教具5

 二人目は中学3年でやる相似条件についてでした。
考えさせるプリントが用意されていたし、教具も見やすくて分かりやすいものでした。
    東邦大学模擬授業第2回教具6

 三人目は高1に移った一次不等式の導入です。
1000mlmの容器に水を入れていく様子を見せる教具を作ってくれました。
一次不等式ではなく一次方程式で使うといいと思いました。
    東邦大学模擬授業第2回教具7

 最後は高校1年の条件付き確率の導入です。
コインを大きく作って黒板に貼ったり、その結果を表す教具を作ってきました。
Aくんは左右に分け、Bくんは上下に分け、それを重ね合わせると、4つの場合が見えるようになっていました。
    東邦大学模擬授業第2回教具8

 今回は結構いい教具が出来ていました。
あともう一工夫するともっとよくなるようでした。
スポンサーサイト



テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック