FC2ブログ
学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
2006年09月22日 (金) | 編集 |
 きょうは定例の高円寺教育懇談会の日です。
続けて2回集まらなかったので心配しておりましたが、新しい方が3名いつもの方2名そして私たち夫婦計7名の参加で行うことが出来ました。
 一人の方は、3名の子どもさんがいて、一番上は中学時代不登校でしたが、高校を受けるとき「君の未来は開けている」と言われその学校へ行き、3年間休まずに行き現在浪人中。二人目は中3から不登校で現在高校に行っていない。3番目は中2で時々休んでいる。という3人のお子さんのお母さんでした。一番上が高校卒業し家に帰ってきたことで、下の子どもたちにいい影響を与えてくれているようです。
 二人目の方は、上が女の子で大学生。下が中2の男の子で1年前から不登校で学校に行ったり行かなかったりしているそうです。小学校で野球をやっていたが、中学へ行ったらその時の仲間がみんなクラブチームに入ってしまい、中学の野球部には一人になってしまったこともあり、やらなくなってしまい、その後不登校になったとのことでした。始め学校へ行くようにするためにゲームばかりしているのでインターネットを切ったり、障害になるものをことごとく奪っていき、その後すっかり親の言うことを聞かなくなってしまったとのことでした。もともと優しい子だし、小さいときにかわいがっていて、子どもも親べったりだったとのことで、みなさん心配することはない。母親のことは好きでしょうがないですよ。そのうち必ず母親の所に戻ってくるということを話してくれる方がおりました。
 すっかり話に夢中になりあっという間に2時間が過ぎてしまいました。
今回はとても充実した懇談会になりました。
スポンサーサイト



テーマ:不登校
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック