FC2ブログ
学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
2006年12月22日 (金) | 編集 |
 きょうは第17回高円寺教育懇談会の日です。
参加者は前回と同様3名でした。
 新しい方がお見えになる予定でしたが、残業で来られませんでした。とても残念がっておられました。他のいつものメンバーもクリスマスが近いので忙しいようでやはり来られませんでした。

 今回も3人で雑談をしました。
引きこもりのお子さんを持つ母親にも声をかけたのですが来られませんでした。
その息子さんによく会うけど特に問題ない感じなので、あとは自立支援ではないのかと思うとのことでした。
娘さんが就活なのですが、何をやったらいいか分からないので、相談に行けないとのことでした。
だったら逆にどんな仕事でもいいからと開き直ったらいいのではという意見もありました。
不登校で英語の勉強をしていなくて、英語の試験がない大学へ行ったが、大学ではフランス語を専攻したが、英語の知識もなく1から始めることがとても新鮮ですうっと入っていけたようだったとのことでした。そういえば、私の娘も中学のとき不登校で学校に行っていなくて勉強していなかったが、その後学校に行き始めたらとても新鮮で勉強するのが楽しかったと言っていました。なるほどだなって思いました。
大学4年間は自分探しのいい時期なのかもしれない。不登校の子は人より早くその時期が来たのかもしれないと話しました。

 今回も雑談の中からいい話ができました。
スポンサーサイト



テーマ:子育て・教育
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック