FC2ブログ
学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
2007年04月21日 (土) | 編集 |
 きょうは大学での講義の日です。

 1時限目は高校1年でやる因数分解についてやりました。
ベキタイルを実際に渡し長方形に並べてもらい、その面積がどうなるかを調べてもらいました。つまりそのたてと横の長さを求め積にします。これが因数分解です。
並べた様子です。
   東邦大学0704211

 どう並べれば早く並べられるかを考えてもらいます。
田の字に並べる面積図(忍法田の字といいます)からタスキがけ法に進みます。
 最後にxやyの入った2次式の因数分解についてやりました、
通常はxについて降べきの順に整理をして因数分解するのですが、子どもたちはどうしてもxとyの2次式として部分的に因数分解したがります。そんなときもそのままこの面積図を使うと因数分解できてしまいます。
降べきの順に並べるときはyの2次式について因数分解していますが、xとyの2次式について因数分解しても、忍法田の字つまりタスキがけ法で因数分解できてしまいます。
長方形に並べるということがキーポイントなんですね。
 メビウスの輪を2人で作りそれを十字になるようにしてつけてそれぞれ真ん中できると、ばらばらになるときと、輪がお互いにつながるときができます。これで相性うらないができます。
真面目にやってくれていました。

 2時限目は1人増えたので、3組から4組になりました。
来週までに学習指導案を作ってくるようにしました。
5月19日から順番に模擬授業をすることにしました。
スポンサーサイト



テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック