FC2ブログ
学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
2008年02月05日 (火) | 編集 |
 きょうは、明後日から始まる高南中学での補習授業の打ち合わせに行きました。

 学校長の他養護の先生が対応してくださいました。
どの様にやる予定なのかをまず聞きました。
人数は1年生が6名、2年生が8名、計14名と言うことでした。
時間は30分で、それをさらに半分に分けて15分で1教科をやり1回で2教科を学習させるとのことでした。
国語は漢字、英語は英単語、数学は百マス計算をまずさせるとのことでした。

 そこで、私からは「まず子どもたちが来て楽しいと思えるようにすること」「補習を受けてよかったと思えるようにすること」が大切だと考えていることを話しました。「それができれば長い時間やっても耐えられるようになること」を話しました。そして、その為に教材を準備していることを話しました。

 学校長の方から提案があり、1年生と2年生を分け、2年生は数学の先生が指導し、1年生を私が指導すると言うことになりました。
 うまくいけば、2年生にも指導すると言うことになりました。

 まだ、きちんとした方向が決まっていないということでしたので、学校の先生と打ち合わせをしながら、いい方向に進むように頑張るつもりです。
スポンサーサイト



テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック