FC2ブログ
学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
2008年04月15日 (火) | 編集 |
 きょうはコスモの出張指導の日でした。

 4名のうち1名が参加しませんでした。

 Tちゃんは、かけ算九九の教具を渡したら、とても喜んでくれました。
かけ算の続きをやりました。タイルを使ってバラ・本の数をかけ算でもとめればいいことをやりました。本が2ケタになったら、枚と本になることを確認しました。
 さらに繰り上がりのあるものをやりました。小さく書くことを指導しました。問題なくできました。教具があると楽しくできます。

 Kくんは遅く来たので参加できませんでした。

 Kちゃんは、始めにトランプでカードを取られたときのことを確認しました。
赤を取られたときは得点が減ること、黒を取られたら得点が増えることです。どれだけ増えるのかを確認したら、黒の数だけ増えると答えました。
 なぜ同じ数だけ増えるのかと聞いたら、「赤の数が黒で抑えられていたが、その黒がなくなったので復活し、その分増える」と答えてくれました。きちんと考え方も理解していました。
 やはり「赤と黒のゲーム」はそれだけで効果抜群です。
そのあと練習問題をやってもらいました。
   コスモ0804151 コスモ0804152

 Hくんは、分数のひき算の残りがあったのでやりました。
繰り下がりのある問題をやりました。約分も忘れていたので教具で確認しました。
 その後、平均についてやりました。実際に水槽を使ってやりました。しきりを外すこと。全部の量をたし算で求めること。再度しきりを入れること。これはわり算をして求めること。ということで平均の出し方をやりました。いくつか平均を求めてもらいました。最後に連通菅の実験をやりました。始めはビックリしていました。

 また、1人参加したいと申し出てきました。来週からやることにしました。

 今回も、教具の威力は素晴らしいことを再確認しました。
スポンサーサイト



テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック