FC2ブログ
学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
2008年04月19日 (土) | 編集 |
 きょうは大学での講義の日でした。

 1時限目のテーマは「因数分解」でした。つぎの「ベキタイル」を使ってやりました。
たてよこが1の正方形の面積は1。これを「1タイル」と言います。
たてxよこ1の長方形の面積はx。これを「xタイル」と言います。
たてよこがxの正方形の面積はx2。これを「x2タイル」と言います。
ここで、x2タイル2枚とxタイル7枚、1タイルを6枚を用意してもらいました。全部の面積は「2x2+7x+6」となります。
これら全部を使って1つの長方形を作ってもらいます。
   東邦大学0804192 東邦大学0804191
右は学生がやったものです。
この長方形はたては「x+2」よこは「2x+3」ですのでこの面積は「(x+2)(2x+3)」となります。
面積は同じなので
  2x2+7x+6=(x+2)(2x+3)
となります。これを因数分解と言います。
つぎの左は「3x2+10x+3=(x+3)(3x+1)」
右は「2x2?7x+6=(x?2)(2x?3)」です。
   東邦大学0804193 東邦大学0804194
 マイナスは裏を使います。まずはベキタイルを実際に使って解けるようにします。
このあと、面積図で解けるようにします。
そして、それからタスキがけ法に移りました。
この面積図で2次式の因数分解はすべて解けるようになります。

 2時限目は高南中学でやる予定の講座内容の検討を各班でしてもらいました。
次回は今回検討した指導案についてみんなで検討をする予定です。
みんなとても真剣に取り組んでいました。
スポンサーサイト



テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック