FC2ブログ
学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
2008年08月19日 (火) | 編集 |
 きょうはコスモでの出張指導の日です。

 休みがいたので、3人の指導をしました。
   コスモ0808191

 Tちゃんは、前回テープで互除法による分数のところがスッキリしていなかったので再度やりました。1と2分の1m、1と3分の1m、1と4分の3mについてテープを折ってやりました。きちんと理解でき喜んでいました。その後帯分数仮分数の相互関係をやりました。帯分数を仮分数に直す方法もきちんと理解できできるようになりました。その後、帯分数と仮分数のタイル図と数字の4者のトランプを使って同じものを集めることをしました。
   コスモ0808192

 Kちゃんは、残っていた正負の数の乗除の問題をやりました。その後、箱の代数をやりました。チェルシーとミルクキャラメルの重さをどうやって求めたらいいかについてやりました。すぐに求め方に気づきました。最後に問題作りをして私と交換して問題を解き合いました。問題もきちんと作れましたし、綿心問題も出来ました。今回は、ミルクキャラメルの個数は同じ場合をやりました。

 Hくんは、2位数を1位数で割るわり算をやりました。片手隠しで章を立てる方法をマスターしました。

 きょうはみんなとてもよく理解でき、しかも楽しそうにやっていました。

 箱の代数による連立方程式の導入は続きを見て下さい。
 箱の代数による連立方程式の導入部分

 チェルシー3箱・ミルクキャラメル1箱の重さとチェルシー1箱とミルクキャラメル1はkの重さを測り、これからそれぞれの重さを求めてもらいました。右のように実際の箱を見ながら考えてもらいました。
 すぐに 237?123=114 114÷2=57 123?57=66 と答えを出してくれました。
   コスモ0808193 コスモ0808194 コスモ0808195

 それぞれの重さを測って確認しました。
   コスモ0808196 コスモ0808197

 箱の重さを求めたのですが、箱の中に重さが書いてあってそれを求めたのと同じであることを確認し、それぞれの重さ、つまり数を変えた練習問題をいくつかやりました。
   コスモ0808198

 最後に問題を作ってもらい、お互い解きました。
ホワイトボードシートのカードに数字を書き、封筒で作ったキャラメルの箱の中に入れてもらい、数の合計をやはりホワイトボードシートもカードに書いてもらいました。これならすぐに消して何度でも書き直して問題ができて便利です。
これはKちゃんが作った問題です。
   コスモ0808199

スポンサーサイト



テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック