FC2ブログ
学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
2008年10月25日 (土) | 編集 |
 きょうは、大学での講義の日でした。

 1時限目は、2つの内容についてやりました。
1つ目は「不思議な計算」ということで、2番目の数を1から9までの数を決めます。1番目の数は0?9までのどれかにします。1番目と2番目、2番目と3番目、と前の2つの数をたします。ただし、十以上になったら1の位だけ書きます。すると1番目の数をいくつにしても17番目の数が同じになります。しかも2番目の数によってその数が決まります。どうやら7倍下数になっているようです。
そこで、1番目の数をx、2番目の数をyとして17番目までたすと、7yとなることが分かります。文字の威力を知ってもらう話題でした。
2つ目は、文字を面積で表す「ベキタイル」をやりました。こちらは、文字式×文字式までやりました。

 2時限目は学生による模擬授業の4回目です、
2名がやりましたが、いずれもベクトルについてやりました。
一人目はベクトルの定義からでした。A0のグラフ用紙に日本地図を書き、そこでどこから何処まで行くかを矢印で書いてもらうと言うことでした。
   東邦大学0810251 東邦大学0810252

二人目はその続きで、ベクトルの加法でした。
こちらは、ゴルフを取り上げて、一人目は2打で入れた、二人目は1打で入れた、どちらもゴルフボールは同じ所から同じところまで飛んだので同じベクトルになることで、和を説明していました。その他ベクトルの相当や逆ベクトルを教具を使って見せていました。
   東邦大学0810253 東邦大学0810254

 今回で前半の模擬授業が終わりました。8人やりましたが、みんなよく頑張っていました。
スポンサーサイト



テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック