FC2ブログ
学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
2009年05月02日 (土) | 編集 |
 きょうは、大学での講義の日でした。

 一時限目は、始め先週やったベキタイルや忍法田の字(面積図)による因数分解の補足をしました。忍法田の字を使えば通常の因数分解は公式を知らなくてもできることを確認しました。
 つぎに、2次方程式の解の求め方についてやりました。解の公式の導き方を書いてもらいましたが、あまりできていませんでした。つまりみんな公式は知っているし使えるが、どうしてそうなったかについては理解していないと言うことです。
 数当て問題を出しました。封筒に入れた数です。その数を3倍して4をたし、さらに二乗したら25になりました。その数はいくつでしょうか?というものです。みんな3分の1と答えていました。封筒の中には?3が入っていたのです。これを文字を使って式をたてると、3x+3の二乗が25という式ができます。つまり平方完成できればいいわけです。
ところが、平方完成をすると、場合によっては分数が出てきます。
 そこで分数を使わずに解を求める方法についてやりました。
xの二乗の係数が1の場合は4倍し、係数が1でない場合はさらに係数倍すると分数を使わずに平方完成ができます。これをベキタイルを使って考えてもらいました。

 二時限目は、教育実習対策ということで、「最初の授業をどう作る」についてみんなで考えました。「17番目のふしぎ」についてやりました。
また、無理数の導入についてもやりました。
スポンサーサイト



テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック