FC2ブログ
学校に行けない、行かないということに不安や負い目を感じていませんか。必ずしもみんな同じように学校で学ばなくてもいいのでは。学校に行かないという選択をした子どもを応援するのがフリースペースやすらぎの森。
2009年05月05日 (火) | 編集 |
 きょうは教具を作りました。

 作ろうと思ったきっかけは、「数学教室5月号」に出光さんが書いた「水そうで数学」の中で水そうの作り方が載っていたからです。
 本物の水そうを作るのは大変ですから、水を入れている様子が分かるような教具ということで、二次関数の教具として、三角水そうのイメージで作りました。
 せっかくなので一つの教具で、比例、一次関数、中学での二次関数、高校での二次関数全部ができるようにしました。
 材料は、工作用紙、白のカラー工作用紙、白と青の画用紙です。道具はカッターとマット付き定規です。あと両面テープでつけました。
 左の写真は比例のとき使います。右は一次関数で使います。
   水そう1 水そう2

 つぎは二次関数用です。左は二次の項だけです。右はすべての項がある二次関数の式ができます。
   水そう3 水そう4

 いずれにしても、画用紙を引き上げることで、水を入れている様子が見えます。1cmごとの高さになるとメモリが出てきます。

 なかなかのできで、満足しています。
スポンサーサイト



テーマ:算数・数学の学習
ジャンル:学校・教育
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック